コラム

会社に「雇ってもらう」というより「利用する」と言う考え方


こざーなです。

ストレスフリーで自由な生活を過ごそうと思うと仕事はフリーランスという選択肢があります。

僕は36歳の時に無職となって、フリーランスに挑戦しましたが失敗して、今は会社に雇われて働くという、いわいる会社員として働いています。

さらに、現在では会社員でありながら、フルリモート・フルフレックスつまり、会社に行かなくてもいいし、いつ働いてもいいというスタンスで仕事ができています。

いろいろ検討した結果、フリーランスより会社員の方が楽なのではないかというのが今のところの結論です。

そこで今回、会社を利用すると言う考えに関してお話ししたいと思います。

そもそも、全部こなせない

まず経験から思ったことですかフリーランスと言うのはやはり大変です。

もちろんフリーランスで稼いでらっしゃる方もいらっしゃいますが、フリーランスの最大のデメリットとして全て自分でやらなければいけないというのがあります。

僕自身興味がある事は頑張るんですが、それ以外に関しては全くと言っていいほど興味がわかなくなり、結果、その能力を発揮できなくなるということがあります。

具体的には記事を書いたり、子ピーラーティングを考えたり、マーケティング戦略を考えたりLPやバナー広告を考えたりするのはすごく得意ですが得意でありやりがいもあるのですが、営業に関してはこれまでやってきた経験も踏まえてあまり楽しいと思えません。

正直な話、楽しくない仕事は適度な力でこなしてます。

また、クライアントが素頓狂なこと言ってる時に対応するのも楽しくないのです。

でも、結果なんとかなっています。

これがフリーランスでは難しい。

フリーランスであれば、対応や仕事の成果一つ一つが仕事=収入につながるため、力が抜けません。

会社員は組織力で役割分担できてるっていうのが非常に楽です。

体やメンタルの調子悪い時も分散できる

また、自分がうつ病であると言うことをも会社員として勤める上でのメリットとなります。

フリーランスであれば風邪をひこうが体調が悪かろうがメンタルが悪かろうが働けないければいけませんし、常に100%の行動力で動かないといけません。

これがフリーランスの鍛えられる部分だと思いますが僕自身それがどうしてもできない時があるそれがうつ病なのでしんどい時に休めると言うのは組織力のおかげだと思います。

収入が安定している

そしてやはり何より嬉しいのは安定した収入です。

私の知り合いでテレビ関係のフリーディレクターがいるのですが、儲けの上下の幅が大きくてお金があってもなかなか使いにくいと言っていました。

また、フリーランスの良い所として一発大きな取引があると報酬がでかいというのがありますが、企業で働いていてもそういったものは得られる場合があります。もちろん会社によりますがそういった会社を選ぶと言うのも1つだと思います。
僕自身はそういう会社を選んでいます。

まとめ

以上、会社とフリーランスとの比較から、会社というのを見てきました。

会社というのは色々と利用できる機能があります。

「雇ってもらう」と考えると閉塞的に感じるものでも「利用する」と考えると色々ポジティブに見えてくるものがあります。

僕自身、集団行動が苦手だったり、うつ病などがあるので会社を「利用する」という働き方を見つけました。

ぜひ、参考にしてみてください。

-コラム

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5