人生の悩み 夫婦・子育て

うつになって嫁さんから「離婚したい」と言われたときの話

K.Z.N.です。

私は36歳のときに急にうつを発症してしまい、家族に大迷惑をかけてしまいました。
その結果、離婚の危機に面しました。

その時のお話を書きたいと思います。

今、パートナーがうつで精神的に参っている、あるいは自分自身がうつでパートナーから離婚を切り出されている人にこういうケースもあるよと言う感じで読んでもらえればと思います。

突如うつを発症し、「死にたい願望」が生まれる

私は、36歳のときに突如うつを発症しました。

元々の性格はどちらかと言えばリーダー気質で、明るい方だったと思います(というかそう認識していました)。

そして勢いでいろんなことを決めるところがあって、36歳の夏にいきなり仕事をやめました。というのはその時、私は大企業の契約社員だったのですが、おそらく正社員になれそうもなく、またなってもストレスだらけになりそうだったから、そういうのは「楽しくないな」と思い、勢いでやめました。

ちなみにその時、二人目の子どもが生まれて嫁さんは育児休暇をとっていました。

そう家族でゆっくり過ごす時間ができたのです。

それはそれは幸せでした。

ところが。。。

12月に急にいろんなことが不安になりだしました。

「あれ?人生このまんまでええんかな??」

やめたときはまた就職先探せばいいやって感じだったのですがそれすら怖くなってしまいました。

そこから穴に落ちるように恐怖に覆われてとにかく逃げたくなりました。

それが私の場合、自殺行為に走るようになりました。

家でもドアノブや窓の鍵にビニール紐をかけて首を釣ろうとなんどもしました。

嫁はそれを見つけるたびに泣き叫んで止めます。

でも止められなかったんです。理由は本当によくわかりません。

ついに参ってきた嫁は実家の親に助けを求めました。

その結果、僕は実家に戻ることになりました。

子ども2人。一人はまだ0歳、上の子は4歳でした。

その二人を見ながら仕事もしなければいけません。

当然のごとく蓄えなどほとんどありません。

そんな中、嫁はもうどうしていいかわからなくなったようです。

義理の父親に離婚届にサインしてもらうように言われた

そして実家に帰る当日、僕は義理の父親に離婚届にサインしてもらうように言われました。

僕もそのほうがいいのではと思ってしまいました。

頭が回ってはいませんでした。

そしてサインしました。

実家に戻って病院を変えたら劇的によくなった

実家に帰って病院を変えました。

四国の田舎の病院です。

最初は状況は変わらずです。

近くの川に飛び込んだり、線路に入ろうとしてみたり。

でもよくなりません。

でも1ヶ月すると劇的によくなりました。

理由はよくわかりませんが、先生との相性がよかったんでしょうか。

嫁にやり直したいと伝える

そうなって、色々気持ちが持ち直してきました。

そして嫁に連絡しました。

「やり直したい」

最初は断られました。

そりゃそうだと思います。

なんどもパートナーが死のうとしているシーンを見せつけられておそらくトラウマになっていると思います。

でもそれでも何度か尋ねてみました

そうするとOKがもらえました。

実はまだ離婚届はだしていなかったようなのです。

理由はいろんな手続きをやっている時間がなかったからだと思います。

そして最終的にやり直したらと背中を押したのは義父だったようです。

まとめ:うつの状態で決めるのはまってほしい

うつは人によってそれぞれで僕の場合は時間があまりかからず治ったのが唯一良かったことかなと思います。
中には数年、数十年単位でうつで大変な人もいると思います。

なので一概には言えないですが、うつの状態で色々決めるのは待って欲しいなと思います。

僕のように環境を変えることで大幅によくなることもあります。

参考になればとは言いませんが、こう言うケースもあると言うお話でした。

-人生の悩み, 夫婦・子育て

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.