ブログ・ライティング

未経験でWebライターを始める方法について解説

「これからWebライターとして始めたい!」

そんな方に未経験からWebライターを始める方法について解説します。

僕は36歳から未経験でWebライターとして働きだし、3年で年収1000万円を達成することが出来ました。

その経験を基に、Webライターの始め方や必要なスキルなどについて解説します。

Webライターとは

Webライターとは字のごとく、インターネット上の文章を書く職業となります。

具体例としては以下のような文章を手掛けます。

Webライターが手掛ける文章例

  • 取材記事
  • ニュース記事
  • ECサイトに掲載する商品の説明文
  • エッセイ・体験談
  • ネット広告の記事
  • SNSに掲載する文章
  • 商品やサービスの記事

Webライターの最大のメリットとしては同じ業界のエンジニアやデザイナーなどの職種と比べてよりも始めやすいことです。

また、場所や時間を問わずに取り組めるので副業としても最適。ですので社会人はもちろん、学生・主婦・副業でWebライターをやっている方もたくさんいます。また旅など自分がしたいことをやりながら取り組む人も増えてきています。

そしてきちんとしたキャリアアップを重ねることで月収100万円や年収1000万円に達成することも可能です。

Webライターに関しては以下の記事で詳しくまとめていますのでより詳しく知りたい方は併せてご覧ください。

関連記事
Webライターってどんな仕事?仕事内容や年収、稼ぎ方について全解説

続きを見る

未経験からWebライターになるために必要なスキル

専門的なソフトや高度なプログラミング知識がなくても始められるWebライターですが、ある程度専門的な知識やノウハウを身に付ける必要があります。

具体的には以下のスキルや知識が必要となります。

Webライターに必要な知識やスキル

  • 情報収集力・取材力
  • SEO
  • セールスライティング
  • 簡単なhtml、CSS

以下、それぞれ詳しく解説します。

情報収集力・取材力

Webライターは依頼されたテーマで記事を書いていくことが仕事ととなりますが、その際にどこよりも新しく充実したい内容が網羅されている記事を書かなければなりません。

ですので、情報収集力や取材力が必要となります。特に取材力があるとライターは依頼者側としても非常に魅力的に見えます。

SEOに関する知識

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimaization)」のことで、簡単に言うと「Googleで検索したときに自分のサイトを上位に表示させる施策」のことを言います。

インターネット上のメディアは当然ながら読んでもらうのが前提です。

そのためには、検索された際に上位に表示させることが必要となり、このためには様々なルールやテクニックがあります。

Webライターは、SEOの施策が盛り込まれた記事を作成することが求められています。

セールスライティング

セールスライティングとは販売する商品やサービスを消費者に「買いたい」と思ってもらえるように、魅力的な紹介文を書くことを指します。

世の中にはオンリーワンの商品やサービスというのはほとんど存在しません。

競合との比較に負けないアピールをする必要があります。

この時にセールスライティングが必要となります。

html、CSS

ごく簡単に言えば、htmlは文章や単語に意味や印を付けるもので、CSSはHTMLで作成された文書のデザインについて指定を行う際に使用されるものです。

そこまで詳しくなる必要はありませんが、最低限のhtmlやCSSは理解しておいた方がよいでしょう。

Webライターのスキルを身に付ける、実績を積む方法

Webライターのスキルを身に付ける、あるいは実績を積む方法として一番のススメなのは自身でブログを運営することです。

自身のブログで集客し、サービスや商品を販売するという取り組みを行うということです。

この際に知っておいてほしいことがあります。

それは必ずしも大きな実績は必要ないということです。

僕自身もブログの運営経験を元に会社員としてWebライターに転職(就職)することが出来ましたが、決して大きな成果を出していたというわけでは全くありません。

大事なのはライティングの知識やSEOなどの集客ノウハウを知っているかどうかです。

それさえあればWebライターとして活動することが可能となります。

なお、いち早くライティングスキルを身に付けたいという方はスクールに通うというのもおすすめです。

実績やスキルが身についたらWebライターの案件・求人を探そう

さて、個人ブログやライター教室などでスキルや実績をある程度、積んだらWebライターの案件・求人を探しましょう。

上でお伝えしたようにWebライターとしての働き方としては「フリーランス」として働くか、「会社員」として働くかのどちらかになります。

そしてそれぞれに利用できるサービスとして

  • クラウドソーシング
  • フリーランスエージェント
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

があります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは企業や個人事業主が、不特定多数の人に業務を発注(アウトソーシング)するサービスのことです。

それに対して、個人が応募して仕事を受けるという形になります。

メリットとしては選考期間が短く仕事が始めやすい、また非常に幅広い発注があり、初心者でも仕事を探しやすいということが挙げられます。

デメリットとしては、自分で全て手続きややり取りを行わなければならないということと、単価としては高いものばかりではないという点です。

フリーランスエージェント

フリーランスエージェントとは、フリーランスと企業の間にエージェントと呼ばれる仲介人が入って案件の受発注をスムーズに行えるようにしてくれるサービスです。

フリーランス側のメリットとしてはエージェントが自分の代わりに企業新たな仕事の受注を期待できる営業代行のほか、契約の締結を始めとした事務処理の手続き代行、会社員からの独立サポートをしてくれるため、仕事に専念しやすくなります。
また、フリーランスエージェントで扱う案件は企業のものとなるので長期で働ける案件が多くなるのもメリットです。

デメリットとしては実際に仕事が受けられるようになるまでに時間がかかることと、手数料がかかるということです。

転職サイト

転職サイトは 転職サイトはウェブサイトに掲載された様々な求人を検索・閲覧することができるサービスです。 サイトに掲載されている企業情報や募集要項などを比較しながら転職活動を進めていくことを可能にします。

メリットとしては、自分が興味ある企業に自分のペースでアプローチできることです。

一方で、会社調査や企業研究をしっかり行わないと実際に転職した際に思わぬポジションに配置されることもあるので良く調べるようにしましょう。

転職エージェント

転職エージェントは転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービス。 求人動向や転職ノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートします。

メリットとしては転職活動全般のサポートをしてくれることです。また自分のキャリアや志向に応じて提案も受けられるということです。

デメリットとしては転職エージェントによって強みが異なることと、時には意向に沿わない提案をされることもあるということです。

Webライターおすすめクラウドソーシング

さて、ここからは各サービスごとにおすすめサイトを紹介します。

まず、クラウドソーシングでは以下の3つがおすすめです。

クラウドワークス

クラウドワークスは、株式会社クラウドワークスが運営している国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

200種類以上の「クラウドワークス」は案件数やジャンルが豊富で使いやすいと評判です。

また福利厚生も充実しているのでまず最初に登録しておくことをおすすめするサービスです。

>>クラウドワークスに無料登録する

ランサーズ

ランサーズはクラウドワークスに次ぐ日本トップのクラウドソーシングです。

また、草案件数はクラウドワークスに軍配が上がりますが、ライター案件に関して言えばクラウドワークスより多くなっています。

また、ランサーズは独自のランキング制度を設けており、ランクがアップすると信用も高くなり高単価の案件がとりやすくなります。

>>ランサーズに無料登録する

Bizseek

Bizseek(ビズシーク)の一番のメリットは、利用手数料の安さです。

他社のクラウドソーシングサービスと比較してみてもリーズナブルになっており、5%~10%と大変お得です。

一般的に5%~20%の利用手数料を取るクラウドソーシングサービスがほとんどなので、お得さを実感できるでしょう。

2つに比べて案件数は少ないですが、利用者もまだ少ないので穴場案件が見つけやすい可能性があるのでとりあえでもず登録することをおすすめします。

Bizseekに無料登録する

Webライターおすすめフリーランスエージェント

次にWebライターおすすめのフリーランスエージェントをご紹介します。

なお、ライターのフリーランスエージェントを探す場合、エンジニアのフリーランスエージェントばかり出てきますが、その中でライター案件を扱っていますので「エンジニア」という名前だけで判断しないようにしましょう。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスはフリーランスエージェント業界No.1の案件数を誇ります。

週5日案件が多く、しっかり稼ぎたい方におすすめです。

>>レバテックフリーランスに無料登録する

クラウドテック

クラウドワークスが運営するフリーランスエージェント。リモートワークや週2~の求人・案件が豊富なのが特徴です。

ライター案件も多いです。

>>クラウドテックに無料登録する

ITプロパートナーズ

クラウドテックと同様に週2案件やリモートワークが多い。

さらにはマーケター案件も多いのでキャリアアップを視野にいれた案件を探すことが可能です。

>>ITプロパートナーズに無料登録する

Webライターおすすめ転職サイト

Webライターにおすすめの転職サイトは以下になります。

リクナビNEXT

転職サイトでは業界No.1の求人サイトで多種多様な案件があります。

まずは最初に登録しておくべき転職サイトです。

>>リクナビNEXTに無料登録する

Green

GreenはWeb、IT業界に特化した転職サイトです。ライター関連の求人案件も豊富です。

注意としてはスタートアップ企業も非常に多いので自分に合っているかしっかり見極める必要があります。

>>Greenに無料登録する

ミイダス

ミイダスの最大の特徴として、ご自身の情報を打ち込むことで自分の市場価値が可視化されることが挙げられます。ご自身が転職する場合のシミュレーションができるので非常に便利です。

また、履歴書などの提出も不要ということもあり、非常に手軽に使えるのも見逃せないポイントです。Web系の企業も多く存在することから、Webライターとしての転職も果たしやすくなります。より手軽かつ、効率よく転職したい方におすすめの転職サイトです。

>>ミイダスに無料登録する

Webライターおすすめ転職エージェント

Webライターおすすめ転職エージェントは以下になります。

リクルートエージェント

リクルートエージェントもリクナビNEXT同様、業界最大手の転職エージェントとなります。

案件数が豊富でエージェントのサポートも強いのが特徴です。

>>リクルートエージェントに無料登録する

マイナビIT AGENT

ITに特化した転職エージェントなのでより専門的なサポートを受けることが出来ます。

>>マイナビ IT AGENTに無料登録する

マスメディアン

マスメディアンは「宣伝会議」のグループ会社が運営している、広告・Web・マスコミ業界専門の転職エージェントです。4万人を超える非常に高い転職実績を有していることもあり、安心してWebライターとしての転職を行えます。

また、広告・Web業界の転職を専門としているので、Webライターとして転職する際により有利なアドバイスを聞けます。

>>マスメディアンに無料登録する

まとめ

以上、未経験からWebライターを始める方法について解説してきました。

最初は覚えることが多かったり、なかなかライティングがうまく行かないということもあると思いますが、Webライターとしてで働くメリットは大きく存在します。

ぜひ、この記事を参考にしていただければ幸いです。

-ブログ・ライティング

© 2022 こざーなブログ Powered by AFFINGER5