ブログ・ライティング

Webライターってどんな仕事?仕事内容や年収、稼ぎ方について全解説

パソコン1台でどこでも仕事したい!
スキルを身に着けてどこでも働けるようにしたい!

そういうことになるとエンジニアやデザイナーを思い浮かべる人は多いと思います。

でも、実際にエンジニアやデザイナーになるには、お金をかけてスクールに通ったり、お金がかかるソフトを使わなければなりません。

しかも、それでうまく就職できるかどうかと言えば、案外難しかったりします。

「もっと手軽なのがいい!」

という方にはWebライターがおすすめです。

僕自身、36歳の時に初めてWeb業界に入ったのですが、その時の職業はWebライターです。

そしてそこからキャリアアップをすることで、わずか3年で年収1000万円を達成することが出来ました。

「Webライターは稼げない」

「ライターは辛い」

という意見もありますが、実はWeb業界の職業の中でもっとも簡単に始めることが出来ながら最も成長できるのがWebライターです。

この記事ではWebライターがどのような仕事なのか?どのようなステップアップができるか?について経験者の立場から解説します。

Webライターとはどんな仕事?

Webライターとは字のごとく、インターネット上の文章を書く職業となります。

具体例としては以下のような文章を手掛けます。

Webライターが手掛ける文章例

  • 取材記事
  • ニュース記事
  • ECサイトに掲載する商品の説明文
  • エッセイ・体験談
  • ネット広告の記事
  • SNSに掲載する文章
  • 商品やサービスの記事

エンジニアやデザイナーなどと違って、専門的な技術やソフトを使うことはないのでWeb業界の中でも一番始めやすい職業です。

 

Webライターの働き方とは?

さて、このようなWebライターとして働く方法としては大きく以下の2つがあります。

Webライターの働き方

  1. 企業や会社に所属する
  2. フリーランスとして働く

それぞれ詳しく解説します。

専属ライターとして企業に所属する

まずは、企業に専属ライターとして就職する方法です。いわゆる転職や就職活動を通じてアルバイトや社員になるという働き方です。

最近は大手の転職サイトなどでもWebライターの募集が出されることも増えてきました。

大別するとクライアントのメディアのライティングを行う場合と自社のメディアのライティングを行うというのに分かれますが、多いのは後者です。

専門性を高めながら、メディア運営の流れを学ぶことでキャリアアップすることができます。

正社員でWebライターとして働くメリットや実際にどのような流れで正社員採用してもらうかについては以下の記事に詳しく解説しています。

関連記事
正社員でWebライターになるメリットや手順について解説

続きを見る

フリーランスとして働く

フリーランスというのは会社員として特定の会社に所属してライティングするのではなく、色んな企業や個人からプロジェクト単位もしくはスポット的にライティングの仕事を受けるというものです。

副業やスキマ時間を使った仕事としてこのように受ける方は多いです。

方法としてはクラウドソーシングやフリーランスエージェントに登録して応募するといった形です。最近ではSNSで仕事を受けるといった形もあります

注意が必要なのは安い案件ばかり受けていると「時間がかかるばかりで収入が思ったより増えない」「単価が上がっていかない」という事態に陥ります。

また、特にクラウドソーシング系やSNSで受ける際にはクライアントの質が悪く、支払いしてくれない等のトラブルがあったりするので要注意です

ちなみにライティングの仕事といいながら教材などを売りつけてきてこれを受けないとライティングの仕事ができないという悪質なものもありますのできをつけましょう。

Webライターのメリット

Webライターのメリットには以下のようなものがあります。

時間と場所に縛られずに働くことができる

Webライターはパソコンさえあればどこでも仕事をするできます。

ですので副業としても始めやすく、仕事や家事のスキマ時間に取り組むといったことも可能です。

また、旅行など自分がやりたことをやりながらライターとして収入を得るということも実現できます。

比較的簡単に始めることができる

また、比較的簡単に始められることも大きな魅力です。

パソコンさえあればできる仕事といえばエンジニアやデザイナーもありますが、これらは高度な専門知識や有料ソフトを使いこなせないといけません。

それに比べ、Webライターはライティングテクニックさえ身に付ければすぐに始められます。

新しい知識を得られる(リサーチ力が身につく)

Webライターのお仕事では、さまざまなジャンルの記事があります。

仕事内容によっては、自分があまり知らないことをリサーチしながら書く場合もあります。

Webライターは、さまざま記事を書いていくうちに新しい知識をどんどん学べます。

知的好奇心が旺盛な方にはぴったりの副業です。

マーケティング力も身につく

Webライティングは単に依頼されたテーマで記事を書けばOKということではありません。

自分の書いた記事がいかに読まれるのか、あるいは自分の書いた文章がきっかけでいかに商品やサービスを利用してもらえるかという視点も必要となります。

この時、鍛えられるのがマーケティング力です。

マーケティングとはごく簡単に言えば、商品やサービスをいかに魅力的にアピールして利用してもらえるかという活動を指しますが、Webライターにおいても自分が書いた記事がいかに読んでもらえるか、読んでもらった後にどのような効果を出すかということを考慮しなければならないので、その中でマーケティング力が身についてくることになります。

こざーな
マーケティング力が強いとWebライターとしても価値がアップします!

努力次第で大きく稼げる

Webライターは歩合制であり、書く文章の量や、執筆スピードは収益に直接反映します。

ですので、本人の努力次第で収入アップを目指すことができる、やり甲斐を感じられお仕事です。

Webライターのデメリット

一方でWebライターのデメリットとしては以下のようなものがあります。

いきなり大きく稼げない

Webライターは努力次第で大きく稼げるというお話をしましたが、一方で始めた当初は実績もライティングにも慣れていないため、大きく稼ぐことが出来ません。

最初は一日で2000字の記事を書くのがやっとで、一方で収入が

慣れてくると一日10,000字など書けるようになり、さらに文字単価が上がってくると一日2~3万円稼げるようになりますが、それまでが辛抱の時期となります。

スキルや営業力がないと単価が低い案件ばかりやることになる

これは特にフリーランスに顕著ですが、スキルや営業力がないと

自分の価値をあげるためにはスキルを磨いたり、営業力を身に付ける必要があります。

時間の切り売り

また最終的にWebライターは時間の切り売りという仕事になります。

つまり、自分の手を動かさないと稼ぐことができません。

そのため、病気やケガなどで仕事ができないときは収入が途絶えてしまいます。

ですので、ゆくゆくはWebディレクターやコンテンツディレクターなどマネジメント領域に進出することをおすすめします。

Webライターの年収

さて、気になるWebライターの平均年収ですが、マイナビの『2021年版 職種別 モデル年収平均ランキング』では「記者・ライター」の平均年収は482万円となっています。

これを高いと見るか低いと見るか。

僕の感覚では低いです。

本業で専業ライターもしくは会社で専属ライターをやっている人だと1~3年目くらいこの収入であればもっと伸ばせると思います。

正直、Webライターは始めるのが簡単な分、しっかり打ち込んでやっている人もそう多くないイメージなので、その結果、平均値が下がっているのではと思っています。

何度も言いますが、Webライターは最も成長率がある職業です。

僕自身も36歳未経験からWebライターとして働きだしてから3年で年収1000万円達成しているわけですから。

Webライターに向いている人・向いていない人

Webライターに向いている人

    • 情報収集が好き
    • 書くことが好き
    • 細かい気配りができる人
    • 人の感情を動かすことが好き
    • より価値ある情報提供がしたい人<

/ul>

Webライターに向いていない人

      • 文章や読書が苦手な人
      • 自分の興味あること以外、好奇心があまり強くない
      • 大雑把な人
      • コミュニケーションが苦手

未経験からWebライターを始める方法

では実際にWebライターを始める方法についてご紹介します。まずは自分でブログを運営して実績をだすことがおすすめです。

また、いち早くライティングテクニックを身につけたいということであればスクールに通うというのもおすすめです。

未経験からWebライターを始める手順に関しては以下の記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

関連記事
未経験でWebライターを始める方法について解説

続きを見る

稼げるWebライターになるためには

Webライターというのは自分でしっかりブランディングや営業戦略を立てないとなかなか低い単価で働き続けることになってしまいます。

また、デメリットでも挙げましたがプレイヤーからマネジメントのレイヤーにレベルアップすることも視野に入れましょう。

まとめ

以上、Webライターの仕事内容や働き方について解説してきました。

向き・不向きはあるもの、誰でも始めやすく、その割には年収を大きくアップすることができる職業です。

僕自身もWebライターを始めて3年で年収1000万円達成しましたので、もしご自身も挑戦したいという方は今回の記事を参考に挑戦してみてください。

-ブログ・ライティング

© 2022 こざーなブログ Powered by AFFINGER5