仕事・働き方

仕事を逃げたいと思った時

「仕事から逃げたい」
「辛いから投げ出した」

そんな時は心がサインを出しています。

この記事では仕事から逃げ出したいときの対処方法について解説します。

まず、自分を責めない

何をおいてもまずいっておきたいのが、自分を責めないでください、ということです。
逃げたいと思うことはよくあるなんです。type.jpの調査https://type.jp/s/questionnaire-data/6/でも逃げたいと思ったことがある人は9割超です。
つまり、ほとんどの方は仕事をやめたい、逃げ出したいと思ったことはあるのです。

なので、まず自分を責めないようにしましょう。

むしろ、そんなことを気にしているということはすごく真面目なんだと思います。
その心根を大事にしてもらえればと思います。

理由を探ってみる

その上で、逃げたいと思う原因を探ってみましょう。

仕事ができない

任される仕事内容がうまくこなせないということでやめたいというのはあります。
その場合は教えてくれる環境が整っていないということが考えられます。

あるいは、そもそも仕事が自分にあっていないということも考えられます。

意外かもしれませんが、なんでも仕事をこなせるという人は意外に多くありません。

有名人も大抵与えられてた仕事や環境に馴染めなかったというのはよく聞く話です。

とにかく自分が悪いと考えるのは早計です。

自分が何が得意か、不得意かははっきりしたほうがいいでしょう。

人間関係

人間関係というのも大きな悩みどころです。

なかなか改善が難しいところですが、嫌なことは嫌とはっきりいうべきです。

また、部署を変えてもらうなども手です。

休んでみる

とにかくしんどくなってきたら、休んでみましょう。

休業手当が出るところもありますから。

視野を広げてみる

自分の可能性を広げるという意味では転職も検討してみましょう。

まとめ

なんどもいいますが、仕事から逃げたい気持ちに罪悪感を持たないようにしましょう。
あくまでも自分の気持ちを優先しましょう。

-仕事・働き方

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.