契約社員・携帯電話販売員

契約社員をすぐ辞めたいと考えたときに考えるべきこと

契約社員って大変ですよね。

正社員というニンジンをぶら下げられたまま色んな仕事任されて、でも、それでも本当に契約社員になれるかどうかわかりません。

かと言う私も派遣社員で4年ほど、契約社員で5年近く働いたのですが、結局、正社員になれそうじゃなくてやめました。

すぐ辞めたいというときに考えるべきことを経験談を基にお話しします。

すぐ辞めるのはまずいったん待ちましょう

まず、経験上ですが、すぐにやめるのは待ちましょう。
仕事が辛い、人間関係がしんどいなど色々な理由があると思いますが、
無計画にやめてしまうとその後、結局精神的にきつくなります。

これは実際に無計画にやめてしまった僕だから言えることですw

やめるなら計画的に!

自分の業界内で転職

辞めるならまず、思いつくのが同じ業界で違う会社に転職することです。
この場合、同じ条件でも給料が上がったり、待遇がよくなる場合があります。

現に僕は携帯電話の販売員だったのですが、同じ業界で違う会社に入っただけで給料が月に5万円ほど上がった人間もいます。

ただし、条件はしっかり確認しておかなければなりません。

場合によっては給料が上がったものの、業務内容がそれ以上に増えてしまい、結局しんどくなってやめた人間もいます。

とかく確認はなんどもしておきましょう。

やりたい・入りたい業界があるなら調べる

そもそも業界自体に閉塞感を感じている人も多いと思います。
そんな人は思い切って違う業界に転職してみましょう。

これに関しては私自身が別業界に変わったのでそちらの記事を参考にしてみてください。

36・無職で未経験Web業界に転職を成功させた話

自分の人生をしっかり考えましょう

僕自身は辞めることは事情や内容にもよりますが肯定派です。
というより、人生の大半を占める仕事というもので辛いまま続けるのは絶対によくないと思います。
辞めるのには勇気がいるのでなんとなく続けている人もいますが、
その先の人生をどうするかはしっかり考えるべきです。