仕事・働き方

仕事の辞め時っていつ?

もう仕事を辞めたい。でもいつ辞めたらいいかわからない。もう少し我慢するべき?
一体いつが辞め時なのか悩んでいませんか?

仕事内容や人間関係に嫌気がさし、嫌々会社に行っている状態でも、退職に踏み切るのはなかなか勇気がいりますよね。
辞めたあとのお金も心配だし、急に辞めたら同僚に迷惑がかかってしまうかもしれない。今やっているプロジェクトはどうしよう。家族も生活に困るかも。

「辞めます」なんて上司に切り出しにくい、自分が抜けたら残された同僚はどうなるんだろう。
退職すると人に迷惑をかけてしまうようで、不安ですよね。

でもそれは一時のこと。あなたの人生はあなたらしく自分で作っていっていいんです。
自分の気持ちを優先して退職しても、新しい職場で新たな気持ちでやっていけさえすればいいんです。

幸いなことに、今は空前の人手不足で、社員を求めている会社はたくさんあります。
今の辛い環境から離れて、新しい業界で新しい生活をすぐに始める、ということも可能です。

では、どういうときに仕事を辞めて、転職を検討すべきか。
次にまとめてみました。

あなたはもしかしたら仕事の辞め時にいるかもしれません。一緒に考えてみましょう。

1.とにかくしんどいならすぐにでも辞めよう

あまりにも我慢しすぎると、もう体が動かない、布団から起き上がれない、電車に乗ると吐き気がする・・という症状が出てしまうことさえあります。
そうなったらすぐにでも病院を受診して、休職しましょう。有給を消化しても構いません。
会社の健康保険に入っていれば傷病手当金が出るので、そのまま退職してもしばらくは収入を得て治療に専念することができます。
「引き継ぎができてない・・」なんて心配する必要は全くありません。
急病や事故で出社できなる人は世間にたくさんいますし、一人いなくなっても、会社は意外となんとか回っていくものです。
 

2.会社にいても成長を感じない時

ルーチンワークばかりで、毎日毎月同じことの繰り返し。いつまでこんなことを続けているの・・と仕事が飽きてしまうこともありますよね。
何か吸収し、成長が実感できる仕事ならいいのですが、大事な人生を、興味も持てないことを消化して時間を失ってしまうのはもったいないです。
部署異動などを上司に相談してみて、難しそうなら転職を考えてみましょう。

3.給与の上昇が見込めない

今の給与では、生活がギリギリ。もう少しあればゆとりある生活ができるのに・・。
賞与はちゃんと出ていますか?定期的に昇給がある労働契約を結べていますか?
自分の働きに対して、十分な給与が出ていない、と感じるとき、会社と交渉してみてもいいでしょう。
それに応じてくれない会社なら、同じ仕事でもっと年収がアップできる会社がないか探してみてもよいかもしれません。

4.人間関係にストレスをずっと感じている

職場で嫌がらせを受けたり、嫌な上司がいると、いくら仕事内容が好きでも、職場に行くのは嫌になってしまいますよね。
自分の人生の大部分を占める職場での時間を、自分の嫌いな人達と過ごすなんて、とても辛いことです。
上司や同僚は変えられないので、自分が動くしかありません。

5.辞める前に次の仕事の当ては見つけておこう

さあ、いつでも辞められる、と思っても、やはりその後一切収入が途絶えてしまうとなると、生活できていけるかどうか心細いですよね。
転職サイトに登録しておいたり、業界研究をしたり、資格を取得したり、少しでも転職先が見つかるように準備を始めておきましょう。
貯金してお金を貯めておくのも気持ちにゆとりが持てて、有効です。

6.まとめ

会社の辞め時について考えてみました。
とにかくしんどいときは、自分の気持ちを信じて、行動を起こしてみてください。
自分の人生です。会社の人に遠慮なんてすることなく、自分の気持ちを最優先に決めてしまいましょう。

-仕事・働き方

Copyright© 都会のひきこもり暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.