未分類

Webライター向けおすすめフリーランスランスエージェント4選

こざーなです。

この記事ではWebライターをメインとして月収100万円超稼ぐこざーながWebライター向けのおすすめフリーランスエージェントについて解説します。

はっきり言ってフリーランスのWebライターで大きく稼ぐにはフリーランスエージェントの活用はマストです。まじで。

その理由は高単価と継続性にあります。クラウドソーシングだと低単価であったり、単発案件というのが非常に多いですが、フリーランスエージェントだと単価も高く、継続案件もとても多いです。

こざーな
僕自身も会社員時代からフリーランスエージェントを活用することで今では月収100万円超を達成することが出来ました

このような経験を踏まえ、フリーランスエージェントのメリット・デメリットや契約する際のチェックポイントなどを詳しく解説します。

こざーな
現在、フリーランスのWebライターとして活動している人はもちろん、副業でWebライターとして活動している人も是非、最後までご覧ください!

こざーなおすすめフリーランスエージェント

フリーランスランスエージェントとは?

フリーランスエージェントとは、主にフリーランスとして活動するライターやエンジニアやデザイナーなどを対象に、個々のスキルや希望にマッチした案件を紹介してくれるサービスのことです。

これまでは「フリーランスエージェント」と言えば、エンジニアやプログラマー案件がほとんどという形だったのが、今は徐々にライターやマーケターなどの案件も増えてきています。

クラウドソーシングとの違い

ライター案件を獲得する際によく使われるものとして「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングを利用している方も多いと思います。

フリーランスエージェントとクラウドソーシングの決定的な違いは「エージェント」と呼ばれる仲介業者がいることです。

このエージェントがライターの代わりに仕事を探してきてくれたり、紹介してくれたり、あるいは単価や就労に関する交渉もしてくれます。

ライターの方の中には

  • 営業が苦手
  • クライアントとの交渉が苦手

という方もいて、場合によっては不条理な契約状態で働かされるというケースもあると思います。

しかし、フリーランスエージェントを介した案件であれば、そのようなことがないようにエージェントが調整してくれます。

こざーな
これがどれだけ助かるか、、、!!

実際に僕もフリーランスエージェントを利用することで単価をアップしてもらったこともあります。

本格的にWebライターとして収益を上げるためには仕事に集中する必要もあるため、営業活動含めた案件の提案や単価・条件交渉をしてくれるというのは非常に助かります。

おすすめフリーランスエージェント

では、Webライターにおすすめのフリーランスエージェントをご紹介します。

クラウドテック

クラウドテックはクラウドソーシング業界最大手のクラウドワークスが運営しています。

そのため、何と言っても案件数が豊富です。

さらにはリモートワークや週2、3日案件、あるいは週5日案件などバリエーションも豊富です。

ライター案件も他のプラットフォームに比べて多い印象です。

フリーランスはもちろん、副業・複業で始めたい方にもおすすめです。

>>クラウドテックに登録する

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは週2、3日の案件をメインとしています。

さらにリモートなど働き方が柔軟な案件を数多く取り揃えています。

ですので自由な時間が多く欲しい人とか、自分のサービスをこれから立ち上げたい人におすすめですね。

>>ITプロパートナーズに登録する

Midworks

『Midworks』は、どちらかというと正社員に近いサービスを提供しているフリーランスエージェントです。

その一つとして給与保障があります。

仕事がなくなった場合に、月額契約単価の80%を保障してもらえるため、急に収入がなくなる心配がありません。

正社員並みの福利厚生を受けたい人にはおすすめです。

>>Midworksに登録する

PE-BANK

PE-BANKは地方案件が多いです。

あとは、週5日案件が多いです。

ですので、地方の方やあるいはガッツリ働きたいというかたにはおすすめです。

>>PE-BANKに登録する

フリーランスエージェントのメリット

ここで改めてフリーランスエージェントのメリットについていくつかご紹介します。

単価が高い案件が多い

まず、一番におすすめな理由は高単価案件が多いということ。

Webライターに一番多い悩みはやはり単価だと思います。

クラウドソーシングだと「1文字1円」という案件はザラ。さらには「テストライティングは0.5円で」だとかさらなるディスカウントをされることも。

低単価で消耗しているWebライターは数少なくありません。

ただ、フリーランスエージェントだとそのような案件はありません。

ある程度まとまった報酬の案件ばかりです。

なお、フリーランスエージェントでの案件では「一記事○○○○円」というのはなく、「時間給」での設定がほとんどです。

ちなみにこれまでの経験上、ライター案件だと時間2000~4000円が多いかなという印象です。

つまり、一日8時間ライティングするだけで16,000~32,000円が稼げます。

記事単位で受注しているライターで一日これだけ稼ごうとすると文字数も単価も結構上げないといけないと思いますが、フリーランスエージェントだと比較的に楽に稼げます。

継続案件が多い

さらに長期の継続案件が多いのも大きなメリットです。

クラウドソーシングなどでは長期案件を見つけるというのはなかなか難しいですが、フリーランスエージェントであれば、長期的な継続案件が多いです。

契約としては3か月更新などがありますが、多くは長期案件を前提としています。

大手企業案件など優良案件が多い

また、大手企業が多いのも魅力です。

僕自身も初めてフリーランスエージェントを利用した際に受託したのが超大手通信会社による案件でした。

自分自身の営業ではほぼ、つながらない案件でしたのでびっくりしましたw

エージェント側から色んな案件を紹介してくれる

フリーランスエージェントでは自分が積極的に案件を探さなくても、エージェントが積極的に案件を提案してくれます。

イメージとしては転職エージェントのようなものです。

この理由としてエージェント側はクライアントとフリーランスの契約が成立することで報酬が発生するためです。

ですので、ある種フリーランスよりも積極的に営業してくれるのです。

エージェントが単価や条件交渉をしてくれる

さらに、エージェントは単価や条件交渉も行ってくれます。

実際に僕もある案件で単価交渉してもらい、単価を上げてもらったことがあります。

自分では交渉しにくいこともエージェント側が対応してくれるのは助かります。

フリーランスエージェントのデメリット

フリーランスエージェントのデメリットは以下になります。

ライティング案件は必ずしも多くない

今でこそライティング系の案件数が増えてきてはいますが、基本的にはフリーランスエージェントで圧倒的に多いのはエンジニア系です。

ですので、媒体によってはライティング案件の取り扱いが少ないのが現状です。

なので複数のエージェントに登録して広く案件を探すことが必須です。

ただ、一点注意として取り扱いが少ないからと言って質が悪いかと言えばそうではありません。

案件によっては常駐型になる(会社員とさほど変わらない)

また、案件によっては常駐型になることもあります。

フルリモートOKなのかなど、就労条件はしっかり確認しておきましょう。

地方在住だと採用されにくいケースがある

また、ライターを採用しようとする企業が都市部に集中していることもあり、

ただこれはあくまでも「傾向」です。

最近はリモートワークを採用している企業が増えてきており、

こざーな
実際に知り合いで鹿子島に住みながら東京の企業の案件を受けている人もいます!

なお、PE-BANKは地方案件が豊富です。地方在住の人はぜひ利用してみてください。

>>PE-BANKに登録する

フリーランスエージェントをうまく活用して稼ぐ方法

それでは最後に僕がこれまでの経験を踏まえて、大きくかつ安定的に稼いでいく方法について紹介します。

とにかく複数登録

まずは、とにかく複数のエージェントに登録しましょう。

理由としては、2つあります。

1つは、案件が急に終了になった場合にすぐ対応できるようにです。

もう一つは情報収集です。

一口にライターといっても色んな案件があります。

また単価も大きく変わります。

今、自分が受けている案件の報酬が妥当なのかどうかといったことを見極めるための材料であったり、あるいはより良い案件への乗り換えをすることで収入をアップさせるためです。

フリーランスになると、自分で報酬のコントロールができるのが大きなメリットです。

収入をどんどん上げるためにも複数のフリーランスエージェントに登録して、より良い案件探しは積極的に行いましょう。

次のステップにつながるような案件を受ける

また、次のステップにつながるような案件を受けることも重要です。

次のステップとはディレクターやマーケターなどライターからの上位クラスの職種が経験できるようなものや、ライターとしてより専門性が高まるような案件も該当します。

これは僕自身、経験したのですがある案件で当初コンテンツマーケターとしてSNSやサイトに掲載する文言を作成するという案件と聞いていたのが、実際にはほぼほぼただのSNS運用や各部との調整だけというものがありました。

報酬が悪くなかったの続けていたのですが、ほぼ作業レベルのことをやるだけでこれでは成長につながらないと思い、結局辞めました。

フリーランスとして次々と良い案件を受けるためにはやってきた内容やそれによって得られた効果や実績というのが重要になります。

もちろん、関係性などにもよりますがアピールにならないような案件を長く続けることはおすすめしません。

エージェントに期待しすぎない

これは転職エージェントでもあるあるですが、どうしても「担当者ガチャ」というのはあります。

サービス自体は良くても担当者によって思惑とはズレた案件を紹介されたりすることがあります。

その場合は、別から問い合わせて担当者を変えるということもできます。

まとめ

以上、Webライター向けおすすめフリーランスエージェントをご紹介してきました。

Webライターは稼げないとか、あるいは現在、Webライターとして活動している人で収入が頭打ちしている人はぜひ、フリーランスエージェントを利用しましょう。

 

こざーなおすすめフリーランスエージェント

-未分類

© 2022 こざーなブログ Powered by AFFINGER5