転職面接での脈あり・脈なしのサインとは?


転職活動で面接を受けている際に採用官の反応を見ながらこの面接脈ありだなこの面接は脈なしだなと感じることがあります。

逆に脈ありと感じた場合はさらに積極的な逆質問をすることで採用率がぐっと高まることがあります。

この記事では面接の採用官の反応を脈あり脈なしについて詳しく解説していきます。

※転職における面接対策でうまく行かない人は転職エージェントによる面接対策のサポートを受けることをおすすめします。

面接で「脈あり」と判断していいサイン

転職の時の面接で脈ありとして良いサインは以下のようなものがあります

次の面接や実際の入社についての具体的な話がある

面接の中で次の面接の日程や実際の入社がいつぐらい可能なのかといったような転職を実際に行う際の具体的な話がある場合は脈ありと判断して良いでしょう。

採用官が実際に転職してほしいと感じているからこその質問です。

 質問の回数が多い

質問回数が多い場合は面接官が脈ありと判断しています。この人を実際にやっと場合に気になる点やデザインをとった場合にどんなメリットがあるかと言うのを深掘りしてきていると言うことの表れです。

その場で次の面接が決まる

ベンチャー企業が小さな会社中小企業の場合には脈ありの場合次の面接がその場で決まることがあります。とにかく今すぐ転職してほしいと言う意気込みの表れです。

他社の選考状況を聞かれる

他社の選考状況を聞かれている場合は今自分の会社の優先度がどれくらいかと言うことを図っていると言うことです。

回答を深掘りしてくる

回答を深掘りしてくると言うのは実際にあなたに関して興味を持っていることの表れです。

面接時間が予定よりも超過してしまっている

以上のようなサイトの中で面接を超過することがありますこれも前のめりになってあなたのことに興味を示している面接官の態度の表れです。

会話がフランクになってくる

面接官の会話が 形式的な会話ではなくフランクな話口調になってきた場合脈ありと判断していいですその理由として実際に同じ会社として働く仲間として向かい入れる袋その意識が現れているからです。

面接で「脈なし」と判断できるサイン

逆に面接で脈なしと判断できる際についていくつかご紹介します。

形式的な質問で終わる

形式的な質問や会社の案内などで終始する場合は脈なしとなりますですのでこの場合受け身の面接ではなく自分からどんどん積極的に質問をしてより深掘りしていくことをおすすめします。

距離感が縮まらないまま終わる

面接官ともう会話で距離感が縮まらないまま終わる場合もなくなしとなる場合が多いです面接官があーこの人は特に採用しなくてもいいかなと判断している表れである可能性があるからです。

面接時間が規定通り・もしくは早倒しで終わる

面接時間規定通りもしくは早く終わる場合は予約なしと判断できる場合があります理由としては特に興味がないために早く終わらしたいと言う面接官の意思が現れている場合があるからです。

メモを取らない

面接でこちらの回答に関して特にメモを取らない面接官の対応も脈なしと判断して良いでしょう。

面接で脈あり・なしを判定する面接官の質問例

以上、面接での脈あり・なしのサインを見てきましたが、実際には面接担当者は面接の質問の中で採用するかどうかを決めていきます。
(採用するつもりがないのであればそもそも書類選考で落ちています)

そこで 面接官が実際に採用するかどうかを判断する重要な質問を紹介します。

デメリットを提示してきて「それでも大丈夫ですか?」と聞かれる

こちらに関しては 採用したいものの実際に入った後にイメージの窓があってはいけないと言うことでネガティブな面を見せてそれでも受け入れてくれる人を採用したいと言うことを判断する質問となっています。

募集している部署や職種以外の仕事も対応可能かどうか聞かれる

こちらは実際に入ってもらってキャリアアップであったり担当部署以外にも担当迫ってより裁量感のある働きをしてくれるかどうかを測っている質問です。

面接で脈ありに導く逆質問

高評価の面接にするためには、面接官の質問にうまく答えるだけではなく、こちらから面接官に質問する逆質問も有効です。

ここでは、僕自身がよく使う面接で良い評価に導く逆質問をご紹介します。

御社ではどのような人材を必要としていますか

こちらを逆質問すると採用に関しての中核に関しての会話ができるとともに、「そのような人材を募集されているのであれば私の経験・スキルが役に立つと思います」というアピールにもつなげられます。

競合他社の中でも、御社は○○に強みがあるという印象を受けたのですが、実際に自社の強みはどこにあると考えていらっしゃいますか?

この逆質問は、きちんと業界研究をしているということがアピールできるとともに自分のモチベーションの高さもアピールできます。

御社の皆さんは、仕事にどんなこだわりを持っている人が多いですか?

業務内容や表面的なやりとりで終始しそうな面接で一歩踏み込んだ質問となるため、この質問からどんどん盛り上がる可能性があります。

私自身、今回募集されている○○というポジションだけでなく、▲▲▲でも貢献できるようにと思っています。御社ではこうしたポジション展開は役に立つでしょうか?

自分が能動的にスキルアップやキャリアアップを行おうとしているというアピールができます。

面接がうまく行かない人は転職エージェントを活用すべし

さて、以上面接の脈あり・脈無しのサイン、そして面接で好印象に持っていくための逆質問をご紹介してきましたが、それでもなかなか面接がうまくいかないということもがあると思います。

というのも会社や業界によって面接の流れや質問されること、求められることが大きく変わるからです。

スキル重視なのか実績重視なのかキャラクター重視なのか本当に変わります。

また、自分だけで面接対策しててもなかなか客観的な視点で判断できないので、独りよがりで間違った対策をずっとやってしまうといういわゆるドツボといいますか、負のループにも陥りがちです。

ですので、いち早く面接対策を成功に導きたい場合は、転職エージェントを活用しましょう。

まずは、『doda』です。電通バズリサーチによる口コミ調査で顧客満足度NO.1の転職サービスとなっています。僕自身も、36歳で初めて正社員として転職活動を進めている時に利用させてもらって面接対策のみならず、履歴書や職務経歴書の添削もしてくれました。さらにはdodaは転職サイト・エージェント・スカウトの3つの機能があって自分の希望に合わせて自分が知らなかった業界の求人も提案してくれます。

次にリクルートエージェントです。言わずもがな転職業界では最大手。ですのでエージェントの面接対策フォローアップもとてもしっかりしています。

パソナキャリアは、国内最大手人材派遣サービス会社パソナが運営している転職エージェントで、転職活動がはじめての人や新たな業務や業界への転職を考えている人におすすめです。

どの会社も幅広い業界や年齢の求人情報を扱っているので、おすすめです。

まとめ

僕自身、36歳の時に初めて正社員になってから現在もよりキャリアアップを目指して転職活動をすすめていますが、

本当に会社によって評価されるポイントやささるアピールは変わります。

ただ、一方で面接で最低限抑えるべきポイントというのもあります。

ネット上でも色々情報はありますが、効率的に学ぶには転職エージェントを利用するのが手っ取り早いです。

ぜひ、今回の記事が参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。