転職ノウハウ

転職面接での脈あり・脈なしのサインとは?


転職活動で面接を受けている際に採用間の反応を見ながらこの面接脈ありだなこの面接は脈なしだなと感じることがあります。

逆に脈ありと感じた場合はさらに積極的な逆質問をすることで採用率がぐっと高まることがあります。

この記事では面接の採用間の反応を脈あり脈なしについて詳しく解説していきます。

面接で「脈あり」と判断していいサイン

転職の時の面接で脈ありとして良いサインは以下のようなものがあります

次の面接や実際の入社についての具体的な話がある

面接の中で次の面接の日程や実際の入社がいつぐらい可能なのかといったような転職を実際に行う際の具体的な話がある場合は脈ありと判断して良いでしょう。

採用間が実際に転職してほしいと感じているからこその質問です。

 質問の回数が多い

質問回数が多い場合は面接官が脈ありと判断しています。この人を実際にやっと場合に気になる点やデザインをとった場合にどんなメリットがあるかと言うのを深掘りしてきていると言うことの表れです。

その場で次の面接が決まる

ベンチャー企業が小さな会社中小企業の場合には脈ありの場合次の面接がその場で決まることがあります。とにかく今すぐ転職してほしいと言う意気込みの表れです。

他社の選考状況を聞かれる

他社の選考状況を聞かれている場合は今自分の会社の優先度がどれくらいかと言うことを図っていると言うことです。

回答を深掘りしてくる

回答を深掘りしてくると言うのは実際にあなたに関して興味を持っていることの表れです。

面接時間が予定よりも超過してしまっている

以上のようなサイトの中で面接を超過することがありますこれも前のめりになってあなたのことに興味を示している面接官の態度の表れです。

会話がフランクになってくる

面接官の会話が 形式的な会話ではなくフランクな話口調になってきた場合脈ありと判断していいですその理由として実際に同じ会社として働く仲間として向かい入れる袋その意識が現れているからです。

面接で「脈なし」と判断できるサイン

逆に面接で脈なしと判断できる際についていくつかご紹介します。

形式的な質問で終わる

形式的な質問や会社の案内などで終始する場合は脈なしとなりますですのでこの場合受け身の面接ではなく自分からどんどん積極的に質問をしてより深掘りしていくことをおすすめします。

距離感が縮まらないまま終わる

面接官ともう会話で距離感が縮まらないまま終わる場合もなくなしとなる場合が多いです面接官があーこの人は特に採用しなくてもいいかなと判断している表れである可能性があるからです。

面接時間が規定通り・もしくは早倒しで終わる

面接時間規定通りもしくは早く終わる場合は予約なしと判断できる場合があります理由としては特に興味がないために早く終わらしたいと言う面接官の意思が現れている場合があるからです。

メモを取らない

面接でこちらの回答に関して特にメモを取らない面接官の対応も脈なしと判断して良いでしょう。

面接で脈あり・なしを判定する面接官の質問例

以上、面接での脈あり・なしのサインを見てきましたが、実際には面接担当者は面接の質問の中で採用するかどうかを決めていきます。
(採用するつもりがないのであればそもそも書類選考で落ちています)

そこで 面接官が実際に採用するかどうかを判断する重要な質問を紹介します。

デメリットを提示してきて「それでも大丈夫ですか?」と聞かれる

こちらに関しては 採用したいものの実際に入った後にイメージの窓があってはいけないと言うことでネガティブな面を見せてそれでも受け入れてくれる人を採用したいと言うことを判断する質問となっています。

募集している部署や職種以外の仕事も対応可能かどうか聞かれる

こちらは実際に入ってもらってキャリアアップであったり担当部署以外にも担当迫ってより裁量感のある働きをしてくれるかどうかを測っている質問です。

面接で脈ありに導く逆質問

最後に僕自身がよく使う面接で良い消化に導く逆質問をご紹介します。

御社ではどのような人材を必要としていますか

こちらを逆質問すると採用に関しての中核に関しての会話ができるとともに、「そのような人材を募集されているのであれば私の経験・スキルが役に立つと思います」というアピールにもつなげられます。

おすすめです。

-転職ノウハウ
-

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5