転職ノウハウ

悩みすぎて転職活動がうまくいかない人の特徴と対処法について解説

転職 悩みすぎる
転職活動を進めているといろんなことを気にしてしまったり、悩みすぎてうまく進められないと言うことがあります。

この記事では転職で悩み過ぎるポイントと理由そして対処法について解説します

転職活動で悩みすぎてしまうポイント

転職活動で悩みすぎてしまう人は、以下のようなポイントで悩んでしまいます

もっと給与や条件が良い会社がないか

同じような業種や業界であっても、もっと給料がもらえるところがないかもっと条件が良いところがないかとついつい探してしまうということがあります。

確かに同じような業種や職種であっても会社によって給料は大きく変わることがあります。

また、その後のキャリアアップについても大きく変わることもあります。

口コミサイトを見てひるんでしまう

転職の際に多くの方が利用しているのが口コミサイトです。口コミサイトと言うのは実際にその会社で働いている人あるいは過去に働いていた人がテーマに沿って実際の現場がどうだったのかを書き込んでいる掲示板のことです。

匿名での書き込みとなっているため、リアルな情報を見ることができます。

この口コミサイトを見るとかなり辛辣な意見を書いていたりする場合があり、その内容が気になってしまってついつい悩んでしまうということがあります。

本当に今の会社から転職してしまって良いのか

今の会社から転職すると言った場合にほんとにしていいのか、もし実際に転職に失敗したらどうしようなどと考えてしまってついつい行動にうつせないと言うこともあります。

転職で悩みすぎる原因

以上のようなことで転職活動で悩すぎる原因として以下のポイントが挙げられます

転職の動機がネガティブ

転職する理由が「今の会社が嫌だから」「人間関係がうまくいっていないから」というような消極的な理由の場合、転職活動で悩みすぎてしまう傾向にあります。

「また同じような状況になってしまったらどうしよう」
「別にやりたいことじゃないけど本当にいいのかな」

といったような理由が転職活動時にも想起されてしまうからです。

会社の情報で目移りしてしまう

また、会社の社風によって影響されてしまうことがあります。

人間の心理として現状維持をしようとする(現状維持バイアス)

そしてよく見られるのが失敗するのが怖いと言うことです。確かに転職と言うのは次の職場で必ず待遇が良くなるという保証はありません。さらにまた一から関係を気づかなければいけないであったり新しいことを学ばなければいけないと言うのがありその辺を重りに感じてしまって失敗するのが怖いと思ってしまう人がいます。

この心理を「現状維持バイアス」と言い、人間はたとえ今がよくなかったとしても現状を維持しようとする心理が働きます。

転職で悩みすぎる場合に行うべきこと

転職で悩みすぎて動けないと言う場合には、以下の3つを行うとそスムーズに進めることができます。

 転職の決め手となるポイントをリストアップ

まず1番重要なのか転職を何も塾で決めるかと言うポイントをリストアップすると言うことです。
この際に注意しておくべきことが年収いくらと言う最低限は決めておいた方が良いのですが上限に関してはなるべくこだわらない方が良いでしょう。

SNSなどで業界情報をチェックする

また口コミサイトを見て悩んでしまう人も多いですがそれよりSNSで業界の最初先端を走っている人のSNSなどを見て参考にする方が良いでしょう。

転職エージェントに相談する

それでも色々と悩んでしまったりしてしまう方転職エージェントに相談するのがお勧めです転職エージェントは行かえにある程度成長していたで一定の企業に関しては執行役員や社長ともつながっていてライブの情報を深々と聞けることがありますその中でどういったキャリアアップができるのか収入がどういう風に図っていくかということも具体的に来てる場合があるので外側であちこち悩んでいるよりも実際にエージェントに相談して内容を聞く方が早いと言うことがあります。

まとめ

転職がスムーズに進められるというのはなかなかありません。悩むというのはある種当然の話です。とはいえ、そのまま今の職場で値踏みされた状態で働き続けるとタイミングを逸してしまうことがあります。ぜひ、今回の記事を参考にしていください。

-転職ノウハウ
-

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5