転職ノウハウ

無職の時に転職エージェントの担当者に「命」を救われた話


こざーなです。

僕が運営するYouTubeチャンネルに時たま以下のようなコメントがあります。

無職 転職

そこで今回無職で転職エージェントを利用するとどうなるかと言うことに関して僕自身の体験を元にお話ししたいと思います。

今、無職状態で就職活動がうまくいっていないと言う方はぜひ最後までご覧ください。

無職でも転職エージェントは利用できる

まず最初にお伝えするのが無職でも転職エージェントは利用できます。僕自身も実際に転職エージェントを利用することで就職活動を成功させることができました。

転職エージェントと言えばキャリアアドバイザーがつくのですが、僕自身が利用した感覚で言うと転職エージェント側も無職の方が相談に来ると言う事は慣れているようでしたおそらく少数と言う事はなく、昨今いろんなケースがあったり無職の状況がついているという方は多いのではないかと思いますですので対応に慣れていると言う感覚はあります。

またキャリアアドバイザー側としても無職だろうがなんだろうが就職させることで自分の実績となるために無職の対応マニュアルがあるようです

無職の状態で転職エージェントを利用するメリット

そして無職の状態で転職エージェントを利用するメリットというのはたくさんあります。以下に詳しく説明しています

精神的に大きな支えとなる

おそらく無職の人に共通なのが精神的な不安定や自己肯定感の低さです。

無職であることで社会に貢献できていない
無職から社会復帰するのが怖い

そんな思いを抱いている方はかなり多いと思います。
僕自身は36歳と言う年齢で無職であったことに加えこの後詳細に話しますがうつ病であったと言うこともあったため就職活動をしていく中で自分に自信を持って自己アピールをした時できませんでした

しかしそんな中でもキャリアアドバイザーは精神的支え詰まって就職活動をサポートしてくれます。

履歴書や職務経歴書をチェックしてくれる

また、履歴書や職務経歴書も添削してくれます。無職状態であることやさらにこれまでアルバイトや正社員経験なしと言う場合であって、もうまく企業にアピールできるように添削してくれます。

中には自分が思いもよらない言い回しや表現で自己アピールの文章ができることもあり、それが自信にもつながります。

面接対策もできる

また就職活動で鬼門となる面接対策もしてくれます。

無職の人が就職活動する際に必ずと言っていいほど聞かれるのがなぜ無職だったのですか家鍋今回就職することになったのですか等について聞かれる事があります。

この質問に関して9側としては何か性格的な問題やメンタル的な問題で就職できていなかったのではないかそのため今回採用してもまた無職になってしまうのではないかと言う不安を払拭したいがために質問してくるのですがこれにうまく答えられないと内定がもらえません。

もちろん人によってケースバイケースですがこれらの解答例も豊富に持っているのが転職エージェントです。

自分の要望に合わせた

また不足状態の人が就職をしたいとなった場合、どのような職種でも対応できると言うことであれば問題ありませんが、僕のように人づきあいが上手くなったであったり以前働いていた教会ではもう働きたくないといったケースつまり未経験の業界に関しての求人情報など自分の要望に合わせた急に情報を紹介してくれます

まぁたまにはキャリアアドバイザー側の事情でちょっと自分には合わなそうな求人情報も紹介されることもありますが、自分で1から探せるははるかに効率的かつ内部事情にも精通した情報が手に入るので非常に効率的に情報収集ができます

以上が無職の人が転職エージェントを利用するメリットとなりますですのでぜひとも憶説無職だろうが正社員型型なかろうが転職エージェントは積極的に利用することをお勧めします

体験談:管理人が無職の時に転職エージェントの担当者に命救われた話

それではここから僕が無職だった時に転職エージェントの人担当者に命を救われた話をしたいと思います

36歳の時に無職になった

まず当時の状況をお話しすると僕は35歳までバンドマンをやっておりその活動を優先させるために正社員では働くことなく契約社員派遣社員アルバイトなどで働いてきました。

結局バンドマン音楽活動は端を開く事は無い空解散と言う形になりました。

その後自分の人生を考えたときにどう生きるべきかをを考えたときに少しでも家族といたいと思うようになりました。

というのもそれまでバンドマンをずっとやってきた&仕事も週5で働いていたためほとんど家族との時間が取れていませんでした。

もちろん音楽活動をしているときはそれが当たり前そうしないと売れないと言う発想があったのでそこにそこまで疑問持つ事はなかったのですがバンドがなくなった今あくせく働くことが本当に幸せなのかと考えるようになり今までできなかった家族との時間を持つようにしたいと思ういい無謀にも何のスキルもないままブロガーで暮らしていくと決めて仕事を辞めてしまいました

突然のうつ病発症→自殺未遂や離婚問題が発生

最初の数ヶ月は非常に楽しかったです家族みんなで散歩したり公園に行くそんなことすらやったことがなかったので時間がとても貴重楽しかったですしかしある時急に今の自分がまずい状況なのではと思うようになり不安にさいなまれるようになりました。

うつ病の発症です。

直接的な原因がわからないのですがやはり社会的に孤立しているまた実際に稼いでいるわけではないと言う状態が精神的な不安定さをもたらしたのではないかと考えています。

とにかくだんだんとうつ病がひどくなり、お預けか2週間で自殺未遂などを繰り返すようになりました。

その様子に妻もついていけなくなり最後には離婚問題に発展しました。

社会復帰のために就職活動するもことごとく蹴られる

このままではいけない。

そう思った僕は就職活動することにしました。

しかし、上で触れたように35歳まで正社員経験なし。
しかもうつ病を発症している状態。

ですので書類もうまく書けない上に何とか面接まで持ち込んだとしても

当時はリモート面接ではなく、直接会社に向かわなければいかんいけない。そしてせっかく向かっても担当者との面接に緊張してうまくいかないそんな様子に上好かんも嫌気をさして今日のダメ出しをしてくるそんなことを繰り返しているうちにさらに、負のスパイラルに陥りました

縋るように転職エージェント(doda)に頼る →就職に成功する

そうして自分での転職活動に限界を感じてきたところで転職エージェントを利用することにしました最初に利用したのは竜太です。

流大にしたのは眠バリューで決めたと思います

しかしこれが結果的には後をそうしました

竜太に行った時ビルの大きさに圧倒されたのは覚えています。

自分みたいな人間が使えるサービスなのかな
また責められるんじゃないかそんな

怯えもありました。しかし、上で触れたようにエージェント側も慣れた様子で、いろんなアドバイスや提案をしてくれました。
なにより、自分が無職であることに対して感じていた劣等感や無力感が和らいでいったのがありがたかったです。

結果、それでも一度焦って就職して失敗するも、その後再就職することに成功しました。

まとめ:無職の人こそ転職エージェントは利用すべき

以上、僕の無職の絶望から就職に至るまでのお話をしてきました。

自分ひとりでの就職活動がうまくいっていない時に、恥ずかしいからと言って転職エージェントを利用していなかったら今頃どうなっていたかわかりません。
「最悪の結果」を招くこともあったかもしれません。

現在、無職である理由は人それぞれだと思います。その理由を面接などでうまく話せない人も多いと思います。

だからこそ、転職エージェントを活用することをお勧めします。

-転職ノウハウ

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5