転職ノウハウ

【体験談】30代・無職の状態から就職を成功させる方法について解説

今、30代で無職。なんとかしなければ、、、
でも、就職活動がうまくいかない、、、

このような悩みをお持ちではないでしょうか。

一般に30代での転職が難しいと言われている中、さらに無職であるとなるとさらに難易度が増すと言われています。

しかし、やり方によっては30代・無職の状態からでも就職を成功させることは可能です。

僕自身も36歳で無職(さらには35歳まで正社員経験なし)という状態から正社員として就職することに成功し
、年収700万円にまでアップすることができました。

この記事では、30代・無職の状態から就職を成功させる方法について解説します。

断言!30代無職でも就職は可能

まず、冒頭でもお伝えした通り、30代無職でも就職を成功させることは可能です。

僕自身、36歳から就職・転職を3年ほど繰り返していますが、その経験から言っても一般的に言われる厳しさよりも可能性を感じています。

就職活動のポイントさえ押さえれば年齢を理由に諦める必要はありません。

無職のまま何も行動を起こさないほうと悪循環の一途

また、無職で就職するのが難しいからと言って行動を起こさないと状況は悪化するばかりです。

  • 就職ができなくなる
  • 両親が亡くなると収入源が途絶える
  • 結婚が難しい
  • 家族や親戚に厳しい目を向けられる
  • 外に出て働く自信がなくなる

など、どんどん状況は悪くなるばかり。

少しずつでもいいので行動すれば就職することが可能です。

一番のポイントは「無職」であること伝え方

では、実際に30代・無職の状態から就職するためにはどうすればよいかについて解説します。

やはり一番のポイントは「無職であった」ことをどう伝えるかという点にあります。

一番のネックをうまく伝えることが成功のカギとなります。

面接官は「無職」についてどう見ているか

ここで面接官から見た「無職」について解説します。

あくまで企業・会社側は人手が欲しいために求人していますが、そのうえで、なるべく良い人材が欲しいと考えています。

その上で「無職」という状態に関して主に以下の点をチェックポイントとしています。
 
■業務能力がさびついているのではないか

■どの会社も採用しない理由があるのではないか

■協調性に難があるのではないか

■メンタルに問題があるのではないか

■入社してもすぐに辞めるのではないか

ですのでこれらの不安を払拭するように伝えることが重要です。

嘘はつかないほうがいいが言い方を工夫すべし

なお、無職だったことをどう伝えるかですが、ここで嘘は絶対にダメです。

安易な嘘は見破られてマイナス評価になりますし、後々トラブルになってしまう可能性もあるからです。

とはいえ、直球で伝えるのもよくありません。ですので言い方を工夫しましょう。

無職の理由の伝え方はなるべくポジティブに

では、具体的に無職の状態だったことをどう伝えるかということですが、
基本的にはポジティブに伝えることが重要です。

多くの方が無職である理由として

  • 前の会社の仕事内容が嫌すぎた
  • 人間関係でトラブルがあった
  • 独立しようとしたがうまくいかなかった
  • メンタル疾患があった

などネガティブな理由が多いかと思いますが、表現を変えることで
ポジティブに変換することができます。

例えば、

仕事がいやでうつ病状態になったのでやめた。

今までは多忙で体調を崩し気味だったので
体調を整えていました。

転職活動をずっと続けているが
内定が中々出なくて離職期間が長引いている。

また、本当に自分が何をしたいか?
見つめ直す時間に費やしていました。

独立して食べていこうと頑張ってたが
中々上手くいかず就職しようと思った。

自分でビジネスは出来ないかと思い
色々模索をしており動いていました。

しかし、やってみて初めて
自分でビジネスをやる事の難しさを知り
すぐに収入という所に結ぶ事は出来ないと
前向きに判断をし転職活動をする事にしました。

その他に

「前職の疲れを取るために長めの休息を取りました」
「充電も完了しここ数ヶ月間で求職活動をしています」

という表現も使えます。

30代無職で就職を成功させる方法

その他に30代無職で就職を成功させる方法についていくつかご紹介します。

とにかく応募!応募!

とにかく応募しまくることが重要です。やはり成功率というのは決して高くはないからです。

 

転職エージェントを活用する

転職エージェントは職務経歴書や面接対策をしてくれます。

こちらの記事に僕がおすすめする転職エージェントについてまとめていますので併せてご覧ください。

 

焦って安易な応募をしない

一方で「とにかく就職したい」と焦って「急募」や「即採用」だけを基準に応募するのもお勧めしません。

「急募」や「即採用」をうたっている求人の中には業務内容や労働環境がキツく、定着率が低いというものも少なくないからです。

 

すぐに資格に飛びつかない

就職を成功させるために資格をとるべきと言う意見もありますが、これもあまりお勧めしません。
まずは資格なしでも仕事できる環境を作りましょう。

まとめ

以上、30代・無職でも就職を成功させる方法についてご紹介しました。

ぜひ、参考にしてください。

-転職ノウハウ

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5