転職ノウハウ

【体験談】36歳からの転職の実態と成功させる方法について解説

「36歳で転職できるのだろうか?」
「失敗してさらに収入が下がったらどうしよう?」

年齢を重ねるにつれ、転職の成功率は下がると言われています。

確かに失敗のリスクはありえますが、ハッキリ言って成功は十分可能です。

僕自身も36歳で転職を成功させ、その後も3年で2回転職活動しましたが、成功することができました。

この記事では36歳でそれまで正社員をやったことがない私が転職を成功させた方法について解説します。

36歳から3回転職して分かったこと

まず、僕自身36歳から3回転職して分かったことをいくつか紹介します。

36歳でも転職を成功させることはできる

まず、第一に言いたいのは36歳でも転職を成功させることは可能ということです。

しかも僕自身、36歳の時は無職・正社員経験無しという状態でした。

それでも転職を成功することができました。

一般的には「35歳転職限界説」というのがあったりしますが、きちんと探せば、実際には36歳でも人材を求めている会社は少なくありません。

未経験業界でも転職可能

さらには36歳でも未経験業界でも転職可能です。

僕は前職が携帯販売員という職歴でしたが、Web業界(Webライター)に転職することができました。

また、その他にも大手専門学校の運営スタッフやIT企業の営業などのスカウトを受け、前職の給料を200万円以上上回る金額を提示してもらって内定をもらったことがあります。

こざーな
携帯販売員時代の収入が300万円と低すぎたというのもありますが、、、

短期転職もマイナスにならない

さらに短期転職もさほどマイナスにならないということもわかりました。

僕は36歳で転職を成功させた1年後で転職、そこから2年で転職活動をしましたが、どちらでも内定をもらうことができました。

会社が人材を求めており、それに対してきちんとアピールすることができれば短期転職も可能です

こざーな
さらにそ短期転職ではそのまま勤めるより大幅な収入アップも実現可能です

プレイヤーレベルよりもマネジメントレベルのスキルが求められる

30代後半にもなってくると現場レベルのスキルよりマネジメントスキルが求められていることが分かりました。

営業職で言うと実際に営業していくというよりは営業スタッフの管理や育成ができるほうが重宝されるということです。

こざーな
また、マネジメントのレイヤーに入ると年収も上がる傾向にあります!

年齢だけで判断されてしまうことも

、、、とポジティブな話をしましたが、それでもやはり年齢だけで判断されることもすくなくはありません。

これは会社側の価値観や人間観によるものなので仕方がない部分はあると思います。

「36歳のアラフォーにもなって転職するなんて」

と考える人はやはり一定数います。

こざーな
ローリングストーンをどう考えるかという話に通じるなと感じます。

人事と社長の評価はズレること多い

さらにそれが会社内の中でも一致していないことが多いです。

具体的には社長や取締役が応募を見て好反応だったのに面接官の印象だけで落とされてしまうこともあるということです。

これは実際にどういうことがあったかというと僕がある会社で一次面接をオンラインで受けていた時の話です。

書類選考が通過し、カジュアル面談を受けることになりました。

現場の監督がメインで話しながら、社長も音無し・映像なしで参加するといった形式で受けていました。

その一次面接が通ったあと、二次面接で面接官と話しているとその場で採用が難しそうだという話になりそのまま終わりました。

僕自身は次に意向と思っていたらその会社から連絡が入り

「社長から次の面接に進んでほしい」とのことでした。

社長としてはかなり可能性を感じているので、実際に会って話したいということなのです。それはつまり、最終面談で社長権限で二次面接を通過したということです。

このように面接を担当する人間によって判断が変わることもあるということです。

36歳の転職を成功させる方法

さて、それでは実際に36歳の転職を成功させる方法について実体験からいくつかご紹介します。

自分が転職で何を実現したいか明確にする

まず、どのようなスタンスで仕事をしたいのか決めましょう。もちろん収入がアップすることは大事ですが、それ以外にも30代ともなると自分だけのことじゃなく、家族のことなども視野に入ってくる人も多いと思います。

  • 給料も欲しいけど子どもとの時間も欲しい
  • 家族の介護がある
  • メンタル的にあまり過酷に働けない

収入だけでなく、「働き方」も視野に入れて、どう働きたいかを決めましょう。この時になるべく可能性を広げることが重要です。

「地方だから」
「スキルないから」

というは一旦置いて考えましょう。なぜなら、あなたが思うよりいろんな条件での求人情報が日々溢れているからです。僕自身も39歳の今でも求人情報をチェックするのですが驚くような内容がたくさんあります。

<変わった求人例>

  • 東京の会社で47都道府県で募集しているWebライター
  • フルリモート・フルフレックスの営業・コンサルティング
  • 複業OK!空いた時間で取り組めるSNSマーケター

これ以外にも本当に様々な求人情報がたくさんあります。ですので、これまでの常識は一旦置いて自分が実現したい働き方を思い描いてそれを基に多くの求人情報をチェックするようにしましょう。

ちなみに僕自身の話で言うと、収入はもちろんあったほうがいいのですが、それと同様に重要なのが「人との関わりにおけるストレスがないこと」というのがあります。というのも35歳の時にうつ病を患ってしまってから人とのコミュニケーションにおけるストレスの耐性が著しく弱くなってしまったためです。さらに通勤電車が苦痛というのもあります。ですので、現在はフルリモート・フルフレックスという環境で働いています。

こざーな
今では家族との時間も増え、快適に仕事ができています!

30代にも対応している転職サイト・エージェントを利用する

利用する転職サイトやエージェントは30代に対応しているものを利用するようにしましょう。

なお、転職サイトは求人情報を集めているだけのものに対して転職エージェントは「エージェント」と呼ばれるサポーターが転職活動の全般をサポートしてくれたり、自分の要望に応じた求人スカウトを提案してくれます。

とにかく比較検討する

求人情報を探していて「いいな~」と思って飛びついてすぐに応募して、働きだすと実は業界水準より低い給与だったということが意外によくあります。

こういうことがないようにイイなと思った会社でもおなじような会社を探して比較・検討するようにしましょう。

こざーな
そうすることで時間のロスや失敗をなくすことができます。

30~40代大歓迎!未経験者大歓迎!というのは要注意
また、30代でも積極的に採用をしようとしている会社も用心するようにしましょう。

30代でも積極採用しているような企業は一方で退職者が多いという可能性があります。

求人情報でキラキラしているようなことや「みんな楽しく働いている」みたいなことしかいてない求人はしっかり業務内容や給与体制を確認するようにしましょう。

36歳の転職で利用したい転職エージェント・転職サイト

36歳の転職活動でおすすめの転職サイトは以下になります。

doda

dodaは転職利用者の満足度がNo.1の転職エージェントです。

大きな特徴としては転職サイト・転職エージェント・スカウトの3つのサービスを備えているという点です。

個人的には初めて利用した転職エージェントがdodaで職務経歴書や面接対策などを親身に対応してくれたのが本当にありがたかったです。

>>dodaに無料登録する

リクルートエージェント

業界No.1の求人情報を取り扱うリクルートエージェントは幅広い業界をカバーしています。

またその分、エージェントも対応力があるために色んな相談に対応してくれます。

>>リクルートエージェントに無料登録する

パソナキャリア

パソナキャリアは国内最大手の人材会社である株式会社パソナが運営している転職エージェントで、転職初心者などのサポートが手厚いことで有名です。

また女性へのサポートの質が高いということでも有名です。

>>パソナキャリアに無料登録する

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートエージェント同様にリクルートが運営する転職サイトです。

案件数の多さはもちろんのこと、職務経歴書を自動で作ってくれるサービスも転職が初めての方にはおすすめの機能です。

>>リクナビNEXTに無料登録する

ミイダス

ミイダスは、『doda』を手がけるパーソルキャリアと同グループの、ミイダス株式会社が手掛ける転職アプリでm自分の市場価値が簡易的にわかる機能も実装しています。

>>ミイダスに無料登録する

36歳の転職を失敗しないための対策

さてここまで36歳の転職を成功させるための方法について解説してきましたが、一方で難易度は決して低いわけではありません。

僕自身も失敗を色々経験しています。

その経験を含め、36歳の転職を失敗させないための対策について解説します

自身の実績やスキルの棚卸しをしっかりしておく

面接時に自分の能力やスキルを売り込むために、これまでの仕事で残してきた実績を棚卸ししておきましょう。ポジションなどの話はもちろんのこと、これまでに

「何を」「どのように」「どうやって」

実績を残したのかということが説明できるようにしましょう。

具体的には、

「何を」・・・どんな職種や業務・課題に対して

「どのように」・・・どのような方法やアプローチを検討して

「どうやって」・・・実際にそれを実行して

実績をつくったのかということを説明できるようにしましょう。

家族の理解を得る

36歳にもなるとある程度家庭を持っている方もいるかと思います。

その場合、必ず家族の理解を得ることをおすすめします。

決して自分よがりの転職活動はしないようにしましょう。

自分はポジティブな転職活動と思っていても家庭側としては今の環境を壊してほしくないと考えていることも少なくありません。

転職期間を長く見る

また、転職期間は長く見るようにしましょう。

年齢的にも焦ってしまう人もいると思いますが、それで安易に決めてしまって後で後悔するということもあるので余裕を持って判断するためにも転職期間は長く見積もるようにしておきましょう。

安易に年収を下げる転職はしない

未経験の業界に転職を考えていて、そのためには年収が下がってしまうのは仕方がないと考えている人もいると思いますが、それはあまりおすすめしません。

特に家族がいる人はなおさらです。

36歳の転職まとめ

以上、36歳の転職について実体験をもとにまとめてみました。

36歳の転職活動は決して楽ではありませんし、孤独との闘いもあると思いますが、ぜひこの記事を参考に成功してもらいたいと思います。

-転職ノウハウ

© 2022 こざーなブログ Powered by AFFINGER5