転職ノウハウ

30代の転職で失敗するケースについてアラフォー現役転職者が解説します。

今、30代。今後の長い人生を考えると転職したいけど失敗したくない。。。

こんな思いを抱いている方は少なくありません。

僕自身も35歳まで携帯販売員をやっていたものの、今後の人生を考えるととても続けられないと思い、思い切って転職しました。

そして現在はフルリモート・フルフレックスで働くことが出来、収入も400万円以上アップさせることが出来ました。

この結果だけ見ると30代の転職でも成功できるということは言えるのですが、その裏では失敗もたくさんありました。

転職回数だけで言うと、僕自身は36歳から3回は転職しています。その理由は「失敗」もあったからです。

個人的な経験を踏まえると、30代の転職は成功することもあれば失敗もでかいのが特徴的です。

この記事では30代で3度の転職を繰り返している管理人・こざーなが自身の転職体験や、同じく30代で転職をした知人などの話をもとに30代の転職で失敗するケースについていくつかご紹介します。

また、併せて30代の転職を失敗させないための対策法についてもご紹介いたしますので、現在30代で転職を考えている方はぜひ最後までご覧ください。

30代の転職で失敗するケース

それでは実際に30代の転職で失敗するケースについて紹介していきます。

今の職場が嫌だからとにかく転職をした(逃げの転職)

よくあるケースが「今の職場が嫌」だからといって無計画に転職して失敗すると言うパターンです。

同じような職業でも会社が違えば環境も違いますし、収入も大きく変わってきます。

ですので、今の会社の待遇や人間関係が嫌だからと言って、安易に同じような業界で転職すといったものです。

しかし、転職したからといって成功するとは限りません。

むしろ、転職したことでより立場が不利になったり、仕事が増えてしまったりするといったケースもよくあります。

30代に限らないことですが、転職する際には企業の調査は必須です。

聞いてた内容と違っていた

これはあるあるの話ですが、求人情報には基本的に都合の良いこと、あるいは耳障りのいい言葉しか並んでいません。求人情報に書いてある情報はその会社の人が書いているのではなく、求人サイトのライターが書いているというケースがあるからです。

ですので、都合が良い情報だけを受け取ってそのまま転職したところ、実際は全く違っていたというのはよくある話です。

これは僕自身も経験しています。

ですので、面接時にしっかりと情報確認するようにしましょう。

業界のきらびやかなイメージに惹かれて転職を決めてしまった

これも上と同様のケースですが、「きらびやかなイメージ」だけに引っ張られて転職してしまって失敗するといった場合です。

これは僕自身の経験でお話させてもらうと、僕は「パソコン一台でどこでも働ける」なんてフレーズに惹かれてWeb業界に転職することに決めました。

僕自身は

 ∟Web業界はおすすめです。

給与を下げられる

これは30代で未経験で転職する場合によく起こるケースですが未経験だからといって安易に給料を下げられると言うのは要注意です。

もちろん企業側としても未経験の人材を30代で雇うのはリスキーであるために年収がそこまで高く設定できないと言う事情はあるのですが、だからといってそれをそのまま鵜呑みにして給料を下げられることを受け入れると大変です。

いざ働き出すとわかりますがこれまでの収入から下がった生活と言うのはいろんな面でストレスがかかったり不安を感じることが増えてきます。

ですので、給与を下げる提案をしてくる企業は要注意です。

人間関係につまずく(特に若いベンチャー企業)

意外に注意しなければならないのか転職先の会社の年齢層です。

  • 年齢なんか気にしない!
  • 自分のやりたい仕事や環境がつかめるのであれば問題ない!

そういった意見も確かにありますし、それが理解できないわけでは無いですが、年齢が全く違う環境で働く際には様々なストレスを感じる場合があります。

僕自身、Web業界に36歳で入った会社は年齢層が20代後半から30代前半がメインでした。

上司も20代で私とほぼ10歳ほどの差でした。

そうなると業務内容で10歳下から怒られるのは意外に精神面にこたえました。

さらに自分が子持ち既婚かつ子持ちで子供が熱を出たときに変えなければいけないと言う事情もなかなかわかってもらえなかったり、そもそも会話している段階での話の内容も合わなかったりと言うのが積み重なりかなりのストレスになっていたことがあります。

コミュニケーションが苦手な人は要注意です。

30代の転職で失敗しない方法

以上、30代の転職で失敗するケースについてご紹介してきましたが、ここからはその失敗をしないための方法について解説します。

しっかりした転職サイトを利用する

世の中には転職サイトや転職エージェントはたくさん存在しており扱っている内容も玉石混合です。中には怪しい求人情報を扱っているサイトもあります。ですのでなるべくしっかりした企業の転職サイトや転職エージェントを利用するようにしましょう。
 

業界や企業情報はしっかり情報収集する

とにかく情報収集をすることが大事です。

なお口コミサイトもありますのでこういったところを利用して実際の就労者の声をチェックすることもおすすめです。

 

面接時にしっかり確認する

また面接時にはどういった就労環境であるのかまたは同一た人材人事評価がされているのか昇給体制はどうなっているのかをしっかり確認するようにしましょう。

このようなことを確認すると心証が悪くなってしまうのではと気にされる方がいますが企業側としても納得してもらった上で入ってもらったほうが後々二度手間にならずに済みますので屋することなくしっかり確認しましょう

 

会社中心に考えない

よくありがちなのが求人情報を見てどうしてもその会社に入りたいからといって自分の転職の軸を見失ってしまうということです。
これは転職の限らないことですが仕事と言うのはあくまで会社中心に考えるより自分中心に考えて何がしたいか何を実現したいために仕事を選ぶのか転職をするのかこちらをしっかり見極めておく必要があります

それでも30代の転職に失敗したら

どれだけ準備したり、確認したとしても実際に働き出すと思っていた環境じゃないことはよくあります。

その場合には「すぐに転職」しましょう。

僕自身、36歳から1年ほどで転職しています。

それでも結果年収は上がってますし、スキルも上がってきました。

年齢を理由に不安になることはないです。もちろんやみくもな転職はダメですが、自分に合わない環境で続けるくらいならまた転職すればいいです。

まとめ

以上、30代の転職の失敗ケースとその対処法について紹介してきました。

ぜひ、参考にしてもらえればと思います。

-転職ノウハウ

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5