転職ノウハウ

[36歳から3回転職]30代の転職を成功させる方法を全解説

30代の転職
「今30代だけどもっと環境のいいところに転職したい」
「30代後半だけど転職できるかな?失敗したら怖い」

一般的に30代の転職は難しい、あるいは転職できたとしても職場が合わない、結果的に年収が下がったなど失敗するといったケースは確かにみられます。しかし、一方で人生100年時代となった今、合わない職場で長く働気続けるのも辛い話です。

この記事では36歳・無職からの3回転職し、年収700万円アップさせた管理人が30代の転職を成功させる方法について自身の体験に基づき詳しく解説します。

断言!30代からの転職でも成功できる!

まず、改めてお伝えすると30代でも転職を成功させることは十分可能です。

僕自身、35歳まで音楽活動を続けていたため、正社員になったことがない上にうつ病を発症して無職の期間もありました。

そんな状況でも36歳から転職を3回行い、結果年収を700万円にアップさせることに成功しました。

しかも、未経験の業界(Web業界)に転職することができました。

巷では「30代の転職は難しい」「35歳転職限界説」などありますが、転職活動にしっかり取り組めば30代でも転職を成功させることは十分可能です。

30代の転職を成功させる流れ

それでは実際に30代の転職を成功させる方法について解説します。

具体的には

  • 転職の軸を決める
  • 優良の転職エージェントや転職サイトに登録する
  • とにかく面接うけまくる
  • 内定が取れそうになったら年収を交渉する

という流れになります。以下、詳しく解説します。

転職の軸を決める

まず、どのようなスタンスで仕事をしたいのか決めましょう。もちろん収入がアップすることは大事ですが、それ以外にも30代ともなると自分だけのことじゃなく、家族のことなども視野に入ってくる人も多いと思います。

  • 給料も欲しいけど子どもとの時間も欲しい
  • 家族の介護がある
  • メンタル的にあまり過酷に働けない

収入だけでなく、「働き方」も視野に入れて、どう働きたいかを決めましょう。この時になるべく可能性を広げることが重要です。

「地方だから」
「スキルないから」

というは一旦置いて考えましょう。なぜなら、あなたが思うよりいろんな条件での求人情報が日々溢れているからです。僕自身も39歳の今でも求人情報をチェックするのですが驚くような内容がたくさんあります。

<変わった求人例>

  • 東京の会社で47都道府県で募集しているWebライター
  • フルリモート・フルフレックスの営業・コンサルティング
  • 複業OK!空いた時間で取り組めるSNSマーケター

これ以外にも本当に様々な求人情報がたくさんあります。ですので、これまでの常識は一旦置いて自分が実現したい働き方を思い描いてそれを基に多くの求人情報をチェックするようにしましょう。

優良の転職エージェントや転職サイトに登録する

転職の軸を決めたところで転職エージェントや転職サイトに登録しましょう。基本的には多く登録したほうがいいのですが、中には変な求人情報を取り扱っているところもあるのでやはり優良の転職エージェントや転職サイトに登録することをお勧めします。

おすすめ転職エージェント・転職サイト

<転職エージェント>

<転職サイト>

特に転職エージェントはフル活用すべきです。転職エージェントではキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が求人情報のあっせんからスタンバイ、そして内定後の待遇交渉とかもしてくれます。しかも無料です。特に未経験業界に入る場合だと頼れる相談者にもなってくれます。

とにかく面接うけまくる

さて、転職エージェントや転職サイトに登録したらあとはとにかく面接受けまくりましょう。

なぜなら、やはり30代での転職は厳しい目で見られがちだからです。

もちろん冒頭で触れたように30代でも転職は成功させることも出来ますが、やはり20代より厳しく見られる傾向にはあります。また、未経験の業界に転職する場合はさらに厳しくなります(未経験の業界に、転職を成功させる方法は下で詳述します)。

ですのでとにかく数をたくさん受けるようにしましょう。

なお、以前は面接を受けようにも相手の企業に直接赴かないと面接が受けられず、その時間を設けることがなかなか難しかったのですが、今はオンライン面談が主流なので比較的受けやすくなっています。

なお、面接を受ける際の心構えに関しては以下に詳述しますので参考にしてください。

内定が出そうであれば給与の交渉する

さて、晴れて内定が出そうです。この時に是非、行っていただきたいのが給与の交渉です。

一次面接などで年収交渉を行うと心証が悪くなって肝心の話がうまく進まない可能性がありますが、内定直前になるとしっかりと話を受け止めてくれるケースが多いです。

特に

管理人
「今、他にも検討している企業があって、、、」

というワードは古典的ながらも意外に有効です。

「ようやく取れそうな内定なのに事を荒立てたくない」という方は無理にやらなくてもいいですが、一度は試してみる価値はあります。

30代の面接テクニック

それでは実際の面接におけるテクニックについていくつかご紹介します。

即戦力を求められていることを理解する

まず、20代と30代の転職の大きな違いは「即戦力」にあります。
20代であれば、会社側も「育成」という観点で採用してくれる場合がありますが、30代ではそのようなケースはほぼなく、言い方は悪いですが「すぐに使えるかどうか」というのが一番重要視されます。

なので自分の能力やスキル・知識がいかに相手の企業で即戦力で利用できるかをアピールするようにしましょう。

転職で会社の貢献と自己成長を同時に叶えるというスタンスを表明する

面接でほぼほぼ、聞かれるのは「なぜ転職活動することになったんですか?」という質問です。

この時、実際の理由として

  • 会社の人間と合わない
  • 給料が少ない
  • 休みが少ない・残業が多い

などが本音だったりすることがあると思うのですが、これをそのまま言うのはおすすめしません。かと言って、

「御社の〇〇に惹かれました!」

などとよいしょしているような発言もあまり良くありません。単に言われたことをやる人間というよりも、より建設的に取り組んでくれる人材を求めています。

繰り返し言いますが、即戦力が求められているのが30代の転職です。

ですので、

管理人
現在の会社培ったスキルを生かしてより規模の大きい仕事をしたい。それが今の会社では限界があるために転職を検討している

というような表現だと相手に刺さりやすくなります。

30代で転職を成功させるための心構え

以上、転職を進める流れや面接対策などテクニック的な部分を解説してきました。
しかし、一方でテクニックと同様に重要なことがあります。

それはメンタル面の対策です。

転職活動がうまくいかなかったり、意地の悪い面接担当に出くわすと「自分ってだめなんだ」と思い込んでしまい、転職活動がうまくいかなくなることがあります。

僕自身も、成功するまでは心折れそうなことが幾度もありました。

かと言って、そのまま今の会社にいるのはジリ貧でしたのでなんとか気力を振り絞って転職活動を続けていました。

そんな中で転職活動を進められるメンタルを保つためにいくつか実践していたことがあるのでご紹介します。

採用担当者の圧力面接も気にしない

本当に面接を担当してくれる人のタイプは様々です。とても物腰が柔らかい人もいれば、高圧的な態度を取る人もいます。また、いきなり社長が面接に立ち会う場合もあります。中には面接で人格を攻撃してくる人もいます。

その度、自分はだめな人間なのかなと思ってしまうこともあります。

でも、個人的には、マウントを取ってくる面接や圧力しかけてくる企業は一切無視していいと思っています。

なぜなら、そのような風習を許容している会社にいることは精神面的に良い影響があると思えないですし、それが結果、転職を失敗させる原因にもなるからです。

安易な妥協やへりくだりはしない

これは僕自身がよくやってた失敗を踏まえての話です。「とにかく内定が欲しい」「なんでもいいから就職させて欲しい」そんな思いで取り組んでいた時は基本的にあまり成功しません。

媚びている姿勢は評価を下げることにもなるからです。

自分が会社を良くしてやるという気概が持てれば○

これは高等レベルにはなってしまいますが、「雇われる」という感覚よりもむしろ「自分が会社をよくしてやる」という気概を持つのが一番の成功です。

これまで数多くの会社に在籍してきましたが、大企業でもベンチャー企業でも求められるのは引っ張ってくれる人間だということです。

この意識があってそれをアピールできればかなり高評価につながります。

とにかく心掛けて欲しいのは「自分はできない人間」だとは思わないで欲しいということです。
世の中には本当にいろんな企業があっていろんな社長や人事の人がいます。

また、自分の体験や知識が思わぬ会社や企業で求められているということもあります。

ですので、一つ一つに一喜一憂するのではなく、自分のスキルや可能性を信じて転職活動を進めて欲しいと思います。

30代で未経験の業界への転職を成功させるには

30代で転職を検討している人の中には「これまで働いていた業界ではない」
という方もいると思います。

僕自身も、現在Web業界にいますがそのまえは携帯電話販売員という全く関係のない業界でした

パソコンに詳しいということもなく、スマホの機能や料金に詳しい程度でしたw

それでも「パソコン1台でどこでも仕事ができる!」なんて安易な発想ながらもWeb業界に転職することができました。

その経験を踏まえ、未経験の業界への転職方法について解説します。

業界の情報をたくさん集める

まずは、業界の情報をたくさん集めましょう。
この時、重要なのは企業のオフィシャルサイト情報だけではなく、様々な情報源から情報を集めることです。

押さえておくべきはSNSや掲示板ですが、特におすすめはTwitterやYoutubeです。

Twitterでは実際にその業界で働いている人の本音や問題、何が求められているかというのがリアルな声でつぶやかれているからです。また、インフルエンサーのつぶやきをチェックすることもおすすめです。業界の最新情報がよくわかるからです。

YouTubeでは業界の詳しい情報や裏側を暴露している人も多いです。業界を深く知る上では参考になる情報が多いのでチェックしておきましょう。

面接でも情報収集に取り組む

未経験の業界への転職は決して成功度は高くありません。ですのでとにかく数を受けることは重要なのですが、そこで是非、やっていただきたいのが積極的な質問です。

これは面接官に印象が良くなるのは当然なのですが「業界のリアルな情報」を収集できるというメリットがあります。

やっぱり不安。。。もし転職に失敗した場合には

さて晴れて転職に成功して新天地で仕事を始めました。

しかし、、、、

思ったのと違う!!!

そういうことはあります。

どれだけ面接で確認したとしても実際に働くと思った通りじゃないということはあります。僕自身も何度か経験しています。そのような時にはどうすればいいでしょうか?

結論から言うと、

「嫌ならまた転職活動しましょう」

ということです。

僕自身、1年で転職、早い場合には3日で退職したこともあります。それでもその後の転職活動は成功していますし、結果、今は年収を伸ばし続けています。また、働きやすい環境を見つけることもできています。

「短期間での転職はマイナスイメージなのでは」

という見方もあり、僕自身もそうではないかと思っていましたが、面接などでしっかりアピールできればさほど影響しないというのが僕の経験です。
 

まとめ

以上、30代の転職を成功させる方法について実体験を基に解説してきました。

とにかく大事なのは「情報収集」と「メンタル」だと思います。

本当に会社によって求める人材や人間像はバラバラです。ですので自分のことを決して過小評価せずにどんどんトライしてください。

応援しています!

-転職ノウハウ
-,

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5