転職ノウハウ

転職活動がしんどい時にチェックしてほしいこと

転職活動を続けているとなかなか内定がもらえないのでメンタルがやられしんどいと感じることがあります。

この記事では36歳から3度の転職を果たしている管理人が経験をもとに転職活動でよくあるしんどいこととその対処法について解説します。

転職活動でしんどいことと対処法

では早速転職活動でよくあるしんどい事とその対処法について説明します。
 

書類選考が通らない

まず多くの方が書類選考が通らないと言うことでストレスを感じたりしんどいと感じると言うことがあります。

しかしそもそも書類選考が全て通るといった事は極めて稀であり会社も同じような業務でもその社風であったりスタンスが全く変わってきます。

ですので書類選考が通らないからといってあまり凹まないようにしましょう。

なお書類制作において一番重要なのは自分が何をどのようにどうやってやったかということを書くのが効果的です。

例えば僕の場合だと携帯販売をやっていたときには携帯の販売台数を上げるために一人ひとりの接客を丁寧にして悩み事を詳しくヒアリングしそれをもとにした提案を行っていたそうすることで売り上げが上がったと言うような形です。

その他にもマネジメントであったり管理といった部分でも同じようなアプローチで職務経歴書や履歴書を書くと印象がぐっと良くなります、

 面接でうまく答えられない

また書類選考がせっかく通ったのに面接で緊張してうまく答えられないまたは相手の意図に沿った回答ができないと言うことで面接が頭らずしんどいと感じてしまう人もいます。

僕自身30代でも数多くの面接を受けてきた中での所感で言うと面接官や会社によって全く面接のアプローチは変わってきます。ですのでこれが汎用的に通用するといったのは種類に比べるとあまりありませんが

その中で面接でより相手に刺さる逆質問を僕はよくします。

御社でどういった人材を求めていますか現在御社ではどういったスキルやリソースが足りていませんか? と言うことを具体的に聞きます。

事業拡大のため人員を補充していますといった回答を受けた際にもより深く聞くようにしており どのような部署やチームでどういった人材が入ると望ましいでしょうか?

と踏み込むようにもしていますこの意図としてはこのような質問をした後にそういう人材を求めてあるのであれば僕のスキル経験が活かせられると思いますと言う逆アピールもできるからです。

また特に未経験の業界なのであれば実際の現場でどのような人材が求められているかといった現場の情報が手に入るのでたとえ今回の面接が失敗したとしても貴重な情報が手に入ったと言うことにもなり今後の転職活動にもいかせられます。

情報収集がうまくできない

現職がある人だと情報収集がうまくできなくて転職活動がしんどいと感じることがあります。もちろん歳前は現職のすきま時間などを使った情報収集が望ましいですが現実問題そうなかなかうまくいくことをできないと言うこともあり得ると思います。

そういった場合には 転職エージェントを活用に活用するようにしましょう転職エージェントは会社ごとの詳しい情報を持っている からです。またその他にも口コミサイトなどを見て実際の働いてる人たちの声をチェックするのもより効率的な情報収集となります。

最低限求人票に載ってある情報とオフィシャルサイトをチェックするようにしておけば発言の準備はできています

転職で失敗するかも(今のままでいいのでは)

また転職活動を進めていく中で実際に転職するのが怖くなってしまうといったことでやっぱり今の方がいいんじゃないかと言うふうに感じてしんどくなってしまうこともあります。この心理は意外にも転職活動がうまくいってる人に起こりうる心理です。

これは心理学で言うところの現状維持バイアスと呼ばれるもので変化を恐れるといった心理が働くことを指します。

転職活動に限らず今の仕事も含めて自分が今何を大事にしているか今後どうなるべきかということをしっかりとらえるようにしましょう。

転職活動がしんどくてもやってはいけないこと

さて転職活動がしんどくなるとどうしても心理的に判断が正常にできなくなりやってはいけないことをしてしまうことがあります具体的には以下の3つは気をつけましょう。

焦って転職先を決める

多いのか焦って転職先を決めてしまうと言うものです。とりあえずどこかに決まればいいこれを逃してしまうと今後いつ転職が決まるかわからないそのような不安で当初全く望んでいなかった会社に就職してしまい結果さらなる不幸を巻いてしまうことがあります。

会社ありきで転職活動をすすめる

転職で重要なのは会社を基準で決めるのではなく何をしたいか何を実現したいかと言うことです。

しかしいろんな求人情報を見る中でこの会社は条件がいいなこの会社は給料がいいな福利厚生がいいななどその会社の情報 が身に付いてしまい結局会社ありきで転職を決めてしまうと言うものです。

条件を安易に下げてしまう

転職がなかなか決まらないので年収を下げてしまったり条件を下げてしまって転職を決めてしまうと言うこともあったりします。未経験業界でスキルを身に付けたいからと言うような明確な理由があるのならまだしもそのような理由がない場合にとにかく就職転職を決めたいからといって条件を安易に下げてしまうとその後さらに生活が苦しくなってしまうと言うことがあります

転職活動がしんどい時は転職エージェントを活用すべし

転職活動がしんどいときには抵触エージェントを活用するようにしましょう転職エージェントは転職活動全てをサポートしてくれるサービスであり求人の提案情報提供面接セッティング条件交渉など幅広く対応してくれる非常にありがたいサービスです。

僕自身36歳無職の時に転職エージェントを利用して転職活動の実質的なサポートはもちろんのこと精神的な支えともして転職エージェントを活用していました面接を受けたとのフィードバックを受けたり迷っている際のアドバイスをいただいたりしていました転職1人なら比較的孤独な作業であり相談できる相手というのは非常に精神的にも楽になります。

転職後にしんどいことと対処法・克服法

さて実際に転職が決まっても実はしんどい事はあります僕自身もこれまでの転職活動で2度ほど失敗した経験がありその経験が実際に転職活動をした人たちの声をもとに、主語のしんどい過去と対処法克服法についてご紹介します

人間関係が合わない

面接で聞いてた内容と違って実は人間関係が合わないと言うことが大にしてありますやはり社風がどうであれ実際には一人ひとりの人間はそれぞれ性格が違っていますので合う合わないっていうのはどうしても出てしまいます。

僕自身も36歳の時に 入った会社が若手のベンチャー企業で上司が20歳代と言うことで会話が合わなかったり価値観が合わないと言うことで非常に苦労した経験があります。

社風も現場の人間関係も全て素晴らしいと言う職場に出会うのがもちろん理想ではありますが実際にはそのような 願望が全て叶うと言うのはあります。

ですのでコミニケーションスキルを身に付ける事は大事ですちなみに僕はそもそもコミニケーションをあまりとらないリモートワークと言う働き方を選択していますこういった方法もコロナ以降増えてきていますので働き方についても詳しく調べながら転職活動を進めると良いでしょう

職務内容が聞いていたのと違う

実際に転職してみると聞いてて聞いていた仕事内容とやることが違うといったこともあながち少なくはありません僕自身もある企業でライターとして入ったのに実際にはメディア運用とは全く違う仕事を任せられてしまったと言うことがありあれ失敗したかなと後悔してしまったことがあります

この場合すぐに聞いてた話と違うと言ってことを荒立てって言うのも1つですがその違う職務で得るスキルと実際にやりたかこの場合すぐに聞いてた話と違うと言ってことを荒立てって言うのも1つですがその違う職務で得るスキルと実際にやりたかった事の展開について建設的に現場の上司と話し合うこともお勧めです僕自身はそのおかげで飛躍的にスキルやレベルがアップしたことがあります。ったことの展開について建設的に現場の上司と話し合うこともお勧めです僕自身はそのおかげで飛躍的にスキルやレベルがアップしたことがあります。

労働環境が違う

特に小さなベンチャー企業で多いですが実際に働き出すと休みが取りやすいと聞いていたのにそうではないと言うことが多いです。この場合毅然とした態度でお休みを請求すると言うのも1つです雨にもひどいようでした労働基準監督所などに相談するのも手です

転職後やっぱりしんどい時には辞める選択肢もあり(実体験あり)

面接でどれだけ詳細を確認しても実際に働き出すとあれ違うなと感じる事は多少あるというのが僕の所感です。

ですので実際の現場の社風や働き方と自分の理想の働き方のすり合わせを行うことをお勧めしますその期間は大体23ヶ月ほど見ていただくと良いのではないでしょうかなおそれでもどうしても働けないしんどいと言った 場合にはやめてもすぐに転職してしまうのも手です僕自身3日で辞めてしまったり1年で転職したりしたこともありますそれでも結果的にはさらにその失敗を生かして好条件の所に転職できています。

まとめ

転職活動は自分自身そのものが試されていることもあり、うまくいかないと自分自身が否定されているような気がしてしんどくなります。

ですが、転職活動は出会いのようなものです。

今までよくなかったとしてもうまく転職できるとその後の幸福度は全く変わってきます。

「なにをしたくて転職したいのか」「どういう働き方がしたいのか」「なにを実現したいのか」ということは軸をぶらさずに今回の記事を参考に頑張ってください。

-転職ノウハウ

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5