転職ノウハウ

携帯販売(携帯ショップ)から転職を成功させる方法を経験者が解説します

  • 「携帯販売員・携帯ショップ店員やってるのも疲れた」
  • 「給料も上がらないから転職したい」
  • 「携帯販売員向けで良い転職先ないかな」


こんなお悩みにお答えします。

僕も過去に8年ほど携帯販売員にやっていましたが確かに携帯販売員って疲れますし、大変ですよね。

土日はないし、お盆・年末年始・GW・シルバーウィーク関係ないし、サービスやプランはコロコロ変わるし、いろんな新機種でるし、クレームは色々言われるし、いろんなオプション販売しなきゃいけないし。。。

おっと、過去の愚痴が色々出ていまいましたw

さて本題の携帯販売員・携帯ショップ店員からの転職ですが、結論から言うと携帯販売員は接客・営業スキルが非常に高いので想像以上に好条件で転職がしやすいです。

僕自身も家電量販店での携帯販売員という立場から転職しましたが、給料も休みも大幅に増やすことが出来ました。給与に関しては600万円近くを提示してもらったこともあります。

管理人
携帯販売員は高い接客スキルがありますし、複雑かつ変化が激しいサービスに関してもキャッチアップ力や対応力が身につけているので、色んな業界でも重宝されます!

この記事では

  • 携帯販売員が嫌になったので転職を検討している
  • なるべく好条件(給料が良い、休みが多い)のところに転職したい
  • どんな業界に転職するのがいいのか分からない
  • どのように転職活動をすすめていいのかわからない

というあなたに

  • 転職市場における携帯販売員のポテンシャルの高さ
  • 携帯販売員おすすめの転職先
  • 好条件かつ効率的に転職活動を進める方法

について解説します。

これを読めばあなたもスムーズに転職活動を進めることができますので、是非最後までご覧ください!

携帯販売員におすすめの転職エージェント・転職サイト


<転職エージェント>

<転職サイト>

携帯販売員・携帯ショップ店員が転職市場で価値が高い理由

携帯販売員・携帯ショップ店員で転職を考えている人の中には

「自分は何ができるんだろう?販売員しかしたことないし」
「どうせ転職したとしても給与もそんなに変わらないんじゃないか」

と疑問や不安を抱いている人は多いのではないでしょうか?僕も最初はそうでした。

「携帯販売ってただただ携帯売ってるだけだし」
「毎日売り場に立っておんなじことやってるだけで別に大したことしてないし」

そう思っていました。さらに僕は派遣社員や契約社員として働いていて、正社員ではなかったので、なおさら大したことないんじゃないかと思っていました。

しかし、いざ転職活動を進めていると実は携帯販売員が持っているスキルやポテンシャルはとても市場価値が高いことに気づきました。
その理由は

  1. 複雑でコロコロ変わるプランや機種情報をいち早く把握して相手に分かりやすく説明できる
  2. 顧客相手に合わせた提案ができる
  3. クレームなどの対応力がある

などです。
以下、詳しく説明します。

①複雑でコロコロ変わるプランや機種情報を把握して相手に分かりやすく説明できる

携帯販売員をやっててしんどいのがプランやサービスが複雑でコロコロ変わることです。
また、年に数回モデルチェンジする端末についても把握しなければなりません。

携帯販売員はこれらを逐一、把握することが出来ます。

そしてそれをお客さんにきちんと説明できるという能力は社会人として非常に能力が高いです。

具体的には、アプリ開発会社やIT業界で新サービスを生み出した時、それを顧客に向けて販売しないといけない場合に、このスキルは非常に役に立ちます。
さらに言うと、IT業界やWeb業界では意外にエンジニアよりも営業の人材が求められることが多いケースがあります。

理由としては、人と接するのが苦手でエンジニアやデザイナーを応募する人が多いのですが、結局は販売できないと利益になりません。

この点においても携帯販売員や携帯ショップ店員での情報把握力・接客経験が求められることは多いです。

顧客相手に合わせた提案ができる

また、複雑なプランや多数ある機種の中から顧客相手に合わせた提案ができることも携帯販売員が転職市場でポテンシャルが高い理由の一つです。
相手に合わせた提案というのは営業力としては非常に重要な能力であるからです。

具体的には。不動産業界や金融・投資業界などで相手の予算に合わせた提案ができるというのは重宝される傾向にあります。

管理人
また、その裏でノルマになっているオプションや周辺サービスを販売するという隠れ高スキルもありますね。

クレーム対応ができる

携帯販売員をやっていると色んなクレームを受けることがありますよね。

  • こんなサービス契約した覚えがない!
  • 祖母に勝手に契約させている!
  • とにかく料金が高い!

など、いろんなクレームを受けて、その度対応していると思います。

特に同じ携帯販売員でも格安スマホなどの会社ではなく、大手キャリアは毎月の料金が高いので批判を受けやすいです。

そういったクレームにも対応できる能力は社会人の中でも特に重要なスキルです。

どんなサービスでも万能なものというのはなく、何かしら不備やトラブルというものはあり、それに対応できる力があるのは会社としても頼もしく感じます。

管理人
どんな業界でもクレーム対応は誰もやりたがらないですからねー

このように当事者として働いているうちは当然であったり、嫌な業務でもそれをこなしていること自体が非常に能力が高いというのが携帯販売員の強みです。

携帯販売員・携帯ショップ店員にオススメの転職先

ではこれらを踏まえて携帯販売員にオススメの転職先をオススメの理由と併せてご紹介します。

保険外交員

こちらは携帯販売員とよく似た労働環境です。個人向けに保険や金融などのサービスを提案して契約を獲得するというところが共通点です。

ただ、違うのがインセンティブ(=報奨金)の大きさ。

保険外交員であればインセンティブで大きく収入をアップさせることが可能です。

ですので携帯販売員よりも大きくお金を稼ぎやすくなります。

一方でよりハードルが上がりがちですが、今の経験を生かして収入アップを目指すならオススメです。

不動産販売

こちらは保険よりもハードですが、より一攫千金が狙えます。

現に昔、一緒に携帯販売員していた知り合いは不動産業界に入って大きく結果を出し、今はタワマンに住んでいますw

楽ではないですが、結果重視ならこちらもオススメです。

コールセンター

「対面の接客業に疲れた。。。」
そんな方にはコールセンターがオススメです。

実際に接客しないのでストレスが軽減されます。また、髪型・服装が自由というところも多いです。

ただし、電話は電話で苦労します。

場合によっては延々とクレーマーの対応をしなければならない場合もあります。

接客を教える!研修マナー指導員

これは最近増えてきています。

これまで数多くの接客をこなしてきた実績を踏まえ、そのテクニックを教えるというものです。

ちなみに同僚もこの職種について全国あちこち飛んでいます。

なお、フリーランスでやっている人もいて結構稼げるという話も聞きました。

Web業界

最後にご紹介するのはWeb業界!Web業界というと広いのですが、インターネットを使ってサービスを提供する会社が属している業界のことです。
具体的には

  1. プログラミング
  2. webサイトなどの作成・ディレクション
  3. SNS運用
  4. ライターなどの編集者

などがあります。

なぜオススメかというと、携帯販売員は日ごろからパソコンやスマホの知識が豊富でその知識を活かすことが出来るからです。

僕自身も、現在Web業界で働いています。

なお、web業界というとよくプログラミングやエンジニアと考える人がいますが、そのような特殊な知識やスキルがなくても営業などであれば未経験でも採用されることは十分あります。

携帯販売員・携帯ショップ店員が転職活動を成功させる方法

さて、携帯販売員・携帯ショップ店員におすすめの転職先を紹介してきましたが、ここからは実際に携帯販売員・携帯ショップ店員が転職活動を成功させる方法について解説していきます。

自分のやりたいことや理想の働き方をある程度明確にする(可能性は最大限に広げる!)

まずは、自分のやりたいことや理想とする働き方をまず考えるようにしましょう。

  • 携帯販売員として培った販売力を活かしてより収入が得られる業界で働きたい
  • もともとスマホなどのガジェットが好きなのでパソコンを使った仕事をしてみたい
  • SNSなどをよく使うからSNS系の業界で働いてみたい

こういった携帯販売員として培ったスキルや経験を通して興味があることを活かしたものでもいいですし、

  • 土日祝はもう休みたい
  • 家族との時間をもっと持ちたいからリモートワークとかで働いてみたい
  • 自分のやりたいことを優先したいからフレックスなど自由な働き方でお金を稼ぎたい

など、自分の理想とするライフスタイルから働き方を導き出すのもおすすめです。

ちなみに僕は、もう販売員をやりたくなくなった&何となくパソコン一台でどこでも仕事ができる業界がいいというぼんやりした思いで未経験ながら36歳でWeb業界に転職することに成功しました。

さらに、うつ病を患ってしまった関係で満員電車での通勤や会社での不必要な会話が苦手になってしまったので今はフルリモート・フルフレックス、つまりいつでもどこでも仕事していいという環境で働いています。

さらに収入を携帯販売員時代よりも300万円以上アップさせています。

これは僕自身が特別なスキルとかがあったというのじゃなくて、本当に転職市場というのは思っているより広くて、さらには携帯販売員の経験やスキルは転職の際に評価されるということです。

管理人
転職活動していると本当に実感しますよ♪

良質の転職サイトに登録して求人情報をたくさんチェックする

さて、自分の理想とする働き方やライフスタイルがある程度、明確になったら今度は求人情報をチェックしましょう。

この時に大事なのはタウンワークや地域の求人情報誌だけで探すのではなく、全国展開している良質の転職サイトでも求人情報を探すようにしましょう。

その理由として地域の情報誌に載っている求人情報はバリエーションが少なく、給与があまり高くないのが多いからです。

その点、転職サイトは豊富な職種や業界の求人情報が扱われており、また、最近ではコロナ禍で多様な働き方が浸透しており、地域を問わずに募集をかけている企業もあります。

僕自身も東京にいながら大阪の企業にスカウトを受けたことがあります。

なお、おすすめはリクナビNEXTです。業界最大手であり、求人情報がかなり豊富です。また、絞り込み検索もできるので自分が興味ある業界や職種を効率よく探すことができます。

そして転職サイトを活用する際にとにかく広くチェックすることをおすすめします。

同じ業種や職種でも会社によって待遇や給与は違いますし、広く見ることで企業研究や業界研究にもつながり、面接対策にもなるからです。

転職エージェントを活用して相手に刺さる履歴書や職務経歴書や面接対策をする

さて、ある程度応募したい企業などの目星がついてくると今度は履歴書や職務経歴書を作成することになります。

この履歴書や職務経歴書が転職活動の最初の関門となり、応募した企業に刺さるように書く必要があります。

この時、色んなサイトや本をみながら書くのもいいですが、それでも最初はどのように書いていいのかわからないと言う方が多いと思います。

そこでおすすめなのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントとは、実際にはキャリアドバイザーと呼ばれる転職のプロがサポートについてくれて、転職の相談から、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスのことです。

具体的なサポート内容は以下になります。

  • キャリア相談
  • 求人情報紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接のセッティング
  • 面接対策
  • 給与・条件交渉

このように、転職エージェントは転職を成功させるためのすべてのサポートを行ってくれます。

この転職エージェントのキャリアアドバイザーに履歴書や職務経歴書を添削してもらうというのがおすすめです。

キャリアアドバイザーは転職のプロなので相手企業に応じた「刺さる」履歴書や職務経歴書の作成をアドバイスしてくれます。

おすすめの転職エージェントはDODAリクナビエージェントです。

リクナビエージェントは上で紹介したリクナビNEXTと同じリクルートが運営しています。また、dodaは転職エージェントでリクルートエージェントに次ぐ業界大手のパーソルキャリアという会社が運営しています。僕が初めて利用した転職エージェントでもあり、本当にお世話になりました。

なお、転職エージェントを利用すると転職サイトにはない、非公開の求人情報も紹介してくれます。

ですので、転職エージェントの紹介も含めて求人情報をチェックすることもお勧めします。

携帯販売員におすすめの転職エージェント

doda

※管理人イチオシ転職エージェント!

リクルートエージェント

※業界最大手転職エージェント!まずは登録すべし!

パソナキャリア

※年収アップで定評!

こぼれ話:転職エージェントのデメリットはないの?

転職エージェントが行ってくれるのを見ると「最初から転職エージェントだけ利用すればいいんじゃないの?」と考える方もいると思います。

もちろんそれでも大丈夫です。

ただ、転職エージェントは無料で全般的なサポートをしてくれる代わりに自身のノルマに応じて、あまりこちらの要望に沿ってはいない企業を紹介してくることもあります。

この辺りはギブアンドテイクと考えて、良い企業であれば話を聞いてみると考えて情報選択すればいいと思います。

ちなみに僕は超大手専門学校の事務を紹介されて、給料もかなり良く、とても心が揺らいだことがありますw多分、僕が自分で探していたら当たることがなかった求人情報でした。

面接では自身の販売テクニックや実績をアピール

さて、書類選考が通ると、次の関門は面接となります。

業界にもよりますが、この時アピールすべきことは自身の販売テクニックや実績をアピールすることが大事です。

「ただ、売ってた」ということはほぼ無かったともいます(携帯業界は年々厳しくなっているので)。

どうやって相手の購買意欲を刺激しながら販売していたかなどをアピールできるようにしましょう。

この時、おすすめなのが「どういった目標」にたいして「どのような取り組み」で「どう達成」したか、という建て付けを作ることが重要です。

具体的には

  • 月間の販売ノルマを達成するために、年齢や職業別に最適なスマホの特徴を把握し、それぞれにアピールすることで販売ノルマを達成していた
  • (家電量販店の携帯販売員の場合)違う売り場のスタッフと連携してお互い送客することで他キャリアが開拓できていないルートを確立し、売り上げをアップしていた
  • (携帯ショップ店員の場合)アフターフォローをしっかり行うことで携帯購入を迷っている人の背中を後押しすると同時に顧客満足をあげることで、口コミが発生し、家族や知人などからの申し込みを獲得することができた。

などが、アピールポイントとなります。

携帯販売員や携帯ショップ店員であれば当たり前のことが転職市場では魅力あるアピールポイントとなります。

また、管理職を担当していた人であれば、スタッフ管理などで取り組んだことをアピールするのはおすすめです。

なお、転職エージェントでは面接対策もしてくれるので転職エージェントに相談するのもおすすめです。

内定後に給与l交渉をしてみる

さて、面接を通過し、晴れて内定をもらいます。そしてポジションや条件などの交渉の場面に移行します。

給与に関しては最初に希望年収を聞かれますが、改めて内定後に確認すると言う段取りを踏むところも多いです。

この時、多少でも高く提示することをお勧めします。

せっかくの転職でどうせなら少しでも給料が高いほうがいいですよね。

「給与をふっかけると内定自体が取り消しになるのでは?」

と心配になる人も多いとは思いますが、案外、交渉の余地があることが多いです。

そしてこの時案外効果があるのが

管理人
「他の会社とも考えてまして、、、」

という天秤をかけているといった表現です。実際にこれで年収が30万円アップしたこともあります。

ことを荒立てたくないと言う方は無理に交渉する必要はないですが、一度は試してみるのはおすすめです。

ちなみに一次面接など最初から給与の話をするのはあまりお勧めしません。タイミングとしては最終面接か、内定後がおすすめです。

ちなみに転職エージェントだと給与交渉までしくれます。神。

転職を少しでも考えているならまず情報収集してみましょう!

以上、携帯販売員や携帯ショップ店員の転職について解説してきました。

とにかく伝えたいのは

「携帯販売員をやっているあなたの価値は思っている以上にかなり高い」

ということです。職業柄なのか業界柄なのか携帯販売員というのはあまり評価されることのない職業です。

さらに待遇改善もみらせません。休みが少ない中、どれだけ販売してもさほど給与が上がらず、待遇も改善される気配が見えません。

せっかく高スキルを身につけているにもかかわらず、自己肯定感も高まらず、実際に給与も上がらない業界で働き続けることが僕はできませんでした。

最初は勇気がいると思いますが、その分、見返りや将来性はしっかりあると経験上思います。

なかなか勇気が出ないと言う方も、まずは転職サイトやエージェントに登録してみて情報収集することをおすすめします。

携帯販売員におすすめの転職エージェント・転職サイト


<転職エージェント>

<転職サイト>

-転職ノウハウ
-

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5