仕事・働き方

30代で「会社を辞めたい!」あなたが知るべき辞めた後の世界

今の会社がきつすぎて辞めたい

でも30代なのに本当にやめてもいいのかな

合わない会社で働き続けるのは辛いですよね。 とは言え30代で会社を辞めてしまってもいいのかと不安になる気持ちもあると思います。

この記事では実際に36歳で仕事を辞めてしまった管理人が体験談をもとに30代で会社を辞めたい方に実際に辞めるとどうなるのか、といったことを実体験をもとに解説します。

その上で、30代で仕事を辞める際の注意ポイントと自分に合った働き方についてもご紹介します。

30代で会社を辞めるリスク

30代で実際に仕事を辞めると以下のようなリスクがあります。

再就職は難易度高い

転職を前提に会社を辞めるのならまだしもとにかく会社を辞めたいと言うことでやめてしまうとその後の再就職は難易度が高くなります。

なぜならやめた理由がネガティブなものであるためそのまま伝えてしまうとこのうちの会社でも長く続けてもらえないかもしれないと言う心配を引き起こしてしまうからです。

さらに30代での転職や就職の場合求められるのは即戦力です。

以前働いていた業種が嫌で未経験の職種に就職したいと言った場合でも即戦力にならないと判断されると書類選考すら通りません。以上の理由で再就職は難易度が高いといえます。

社会的に孤立感が強くなる

また30代になって仕事を辞めると周りは働いてる人が多いもしくは家族を持っている人が多いため社会的に孤立感が強くなります。

仕事が辛すぎてやめたと言う 言うので最初は嬉しいかもしれませんが働いだんだん時間が経ってくると社会人としてどうなのかと言う罪悪感にさいなまれるようになります。

家族との関係が気まずくなる可能性大

また仕事を辞めることによって家族がいる場合その関係性が悪化すると言うケースもかなり多いです。特に自身が収入の柱であったとした場合にお金の面の不安が一気に押し寄せるために伴侶の方の負担心理的負担が増え仲が悪くなるというのはよくある話です

体験談:36歳で会社を本当に辞めた管理人の悲劇

ここで実際に36歳で本当に無計画に会社を辞めてしまった管理人の体験談をお話ししたいと思います。

仕事が楽しくないのと成長性がなかったので会社を辞めた

僕が当時働いていた会社を辞めてしまったのは仕事の内容が単純に楽しくなかったのと成長性がなかったためです。当時携帯電話の販売員として働いていました。

業界には8年ほどいて人間関係もある程度良好に築けてその点では不満がなかったのですが単純に仕事内容が楽しくありませんでした。

またこの仕事を続けていっても収入の面で大きく成長すると言う見込みがなかったため今後の人生を考えた際に

いざ会社を辞めるとうつ病になった

そしてある時上司とふとしたことで揉めてしまい、  勢いで会社を辞めてしまいました。

当時このブログとは違うブログをやっていてそれでご飯でも食べれば来られれば良いかなと思ってやめてみました。

最初は毎日家族と暮らす日々がすごく楽しくてあー仕事を辞めて良かったなと感じていましたが数ヶ月した頃なぜか現在の状況に不安を抱くようになりその後鬱になってしまいました。

直接的な原因は分かりませんが妻が仕事に復帰したタイミングと一致したことから社会的な孤立が強まって不安を感じるようになってしまったのではないかと思っています。

再就職活動するもことごとくうまくいかず

うつ病がひどくなった僕はブログで稼ぐと一瞬どころではなかったのでとりあえず社会復帰をした方が良いと言うことで就職活動を始めたのですが、全くうまくいきませんでした。

やめた理由がうまく説明できなかったからです

結果何とか就職をすることに成功しその後も転職活動を続けながら収入をアップすることができましたが、なかなかハードな状況であったありました

30代で会社を辞めたい時に気をつけるべきポイント

というわけで30代で仕事を辞めたい時には以下のようなものがあります。

貯金はあるか

まず、とにかく仕事を 辞めたいと言う場合にはある程度の貯金があるかどうかをチェックしましょう。なぜなら仕事を辞めると保険料と年金料を自分で払わなければいけません。この料金は案外馬鹿になりませんので生活費とは別で保険料年金料も数ヶ月程度払える余裕があるかどうかチェックしましょう。

家族の了解はとっているか

また仕事を辞めることに関して家族に了承をもらうようにしましょう。特にパートナーは仕事を辞めることによって家計の収入が減ってしまうと言うことにとても強烈な不安を感じやすいですですので独りよがりの退職になってしまわないかどうかも含めて意思確認をするようにしましょう。

再就職もしくは転職先の検討をつけているか

僕自身の体験でお伝えした通り30代で再就職と言うのは非常に難しいといえます特に未経験の業界に転職したいと言う場合にはその難易度はさらにアップします。ですので辞める前から再就職もしくは転職先の見当をつけておくのがお勧めです。

僕がお勧めする転職サイトや転職エージェントをまとめている記事がありますのでこちらも良ければ参考にしてください。

転職
年収700万円UPを実現!おすすめの転職エージェント・サイトを紹介

フリーランスで働く場合には複数の収入源があるか

また、 仕事を辞めた際にフリーランスで働くと言う場合には複数の収入源があると安心です。例えば仕事の受注先が複数件あるといったレアまたは

30代で自分に合った働き方をみつける方法

今の仕事が嫌ということでもやはり生活費を稼がないといけないので仕事はしなければいけません。

 人との接触を減らすためにリモートワークOKの会社で働く

人付き合いが苦手と言う形であればリモートワークを採用している会社で働くのをおすすめします。コロナウィルスが流行したためにリモートワークを導入する会社はかなり増えてきました。僕自身もリモートワークオーケーの会社で働いており基本的には家の近くの子ワーキングスペース いや自宅で仕事をしています家族と接する機会も多い上に会社員として安定した収入が入るのはかなり精神的に安定します

自身の経験やスキルを生かして別業界に転職する

またこれまでの経験やスキルを生かして別業界に転職するのもオススメです。僕自身上で触れたように(携帯)販売業界で働いていましたがその中でのステップアップは正直収入面でも満足できるものではありませんでした。しかし接客をやっていたと言う経験をもとに別業界に転職すると思わぬ評価を受けることがありました。実際に あるIT企業で年収が2,000,000円以上アップした金額を提示されたこともあります。

今の業界に固執せずに今の業界でいたスキルや経験を他の業界で生かすと思わぬ評価を受けるというのがよくありますのでお勧めです。

副業を始める

仕事を辞めるのはやっぱり怖いなと言った場合には今の仕事を続けながら副業始めるといったのもオススメです。理由としては収入が増えると言うのはもちろんのこと別収入があるからこの会社をいつやめてもいいと言う安心感を得られると言うのも大きなメリットです。最近ではいろんな副業が増えており、元手が大きくかからずとも始められる副業もありますのでぜひチェックしてみましょう。

まとめ:30代からでも働き方を見直しても遅くない

以上、実体験も交えながら30代で仕事を辞めてしまう場合のリスクや対処法について解説してきました。

30代で無計画で仕事を辞めてしまうとリスクは高くなりますのでしっかり対処するようにしましょう。

その上で、、、

30代からでも働き方を見直しても遅くありません。

僕自身、36歳で無計画に仕事を辞めてしまって、うつ病など患うなどの苦労はありましたが、その後未経験ながらWeb業界に入ることができ、収入面も働き方も満足しています。

100年人生と言われている現代、30代でも新しいことには挑戦する価値はあります。

ぜひ、今回の記事を参考にしてください。

-仕事・働き方

© 2021 こざーなブログ Powered by AFFINGER5